何よりもキャラクター

2017.12.19

朝晩厳しい寒さが続きますね。
先週のお知らせ更新で、年末年始のご挨拶をしてしまいましたが、公募スクールは28日まで営業します!
失礼しましたー。

さて、先週は本誌連載「若桜木虔の作家デビューの裏技教えます!」でお馴染みの若桜木先生に年末年始のご挨拶をして参りました。
公募スクールでは、「文学賞指南」「落選理由を探る」などの講座を担当いただいています。

ここ最近添削された作品や新人賞を受賞した作品を読むにつけ先生が思われることは「何よりもキャラクター設定が大切。キャラの弱い作品が多い。」でした。
キャラ設定さえうまくいっていれば、文章が一定のレベルに達してなくても新人賞を受賞しているケースが多いとか。
強烈なキャラクターを考えるのはなかなか至難の技ですが、新人賞受賞のキーポイントになりそうですね。
1月末締切りの文学賞応募を目指しておられる方も多いかと思います。
どうぞお風邪など召されませんように。