山崎ナオコーラさんの「偽姉妹」

2018.07.03

今、山崎ナオコーラさんの最新作「偽姉妹」を読んでいます。

主人公はシングルマザーで子どもを育てながら、一軒家で姉妹と暮らしています。
そこに友人が住むことによって、姉妹と暮らしていくことに疑問を覚え始める。
簡単に書くとこんなお話しなのですが、世間で当たり前とされている価値観や
思い込み(シングルマザーは大変で可哀そう的な価値観)に、主人公の言葉を通して、
疑問が呈されます。

小説を読む醍醐味って、世間や自分の価値観が崩れることにある私にとっては、
この先どうなるのか、読み進めるのが楽しみです。

しかも、姉妹のモデルは公募ガイドの連載でお馴染みの阿佐ヶ谷姉妹さんだそうです。
(登場人物のお姉さんの名前も「衿子」さんです)
ぜひ、涼しいお部屋で読んでいただきたい1冊です。