公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

突っ込みどころ満載

カテゴリ:公募ガイド社

徐々に寒くなってきましたね。

 

たしか夏くらいに、一部のメンバーで、

「季節がよくなったら、みんなでグランピングに行きたいね!」

みたいな話で盛り上がっていた気がするのですが、

そこは行動力のない当社の男連中のこと、

何の動きもないまま、冬を向かえそうです(笑

 

近々歓迎会があるので、

その時にでも突っ込んでやろう(笑

服部文祥さん

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

最近のお気に入りは、

サバイバル登山家の服部文祥さんの日経新聞のコラム。

 

サバイバル登山とは、

できる限り装備を持たず(米と調味料と釣り道具程度で、燃料やテントすら持たない)、

自給自足で山を登るスタイルらしい。

 

”もし図鑑に記されている知識が頭の中にあれば、私は図鑑を持つ必要はない。知識とは重さや嵩(かさ)がないのに、大きな力を持つという意味で、鍛錬して身につけた特殊能力と同じく、美しい。野生環境において、バカや無能とはそれだけで負担重量なのである。”(2018/8/18)

 

”技術、経験、知識、装備、体力。登山は人間活動の縮図であり、必要とされる要素はたくさんある。なかでも何がいちばん重要かと問われたら「体力」である。身もふたもないが、正直なところだ。心技体がバランスよく充実しているのが理想だが、知識や装備で、体力をカバーするのは実際のところ難しい。

一方、体力は他のことをカバーすることができる。ゆっくり丁寧にやる、何度もやる、長時間がんばるなど、体力は他の分野を、文字通り力技で補うことができる。”(2018/10/13)

 

”山ではきっちり自分の身体能力分しか移動できない。よい道があれば1時間で4キロ。道がなければその半分以下。機械は燃料さえあれば長時間動くが、肉体はそうではない。速く歩いても、ゆっくり歩いても、一日に歩ける距離はおおよそ決まっていて、長期の旅ではたとえば天気がいいからと無理して長く歩いても、結局翌日以降に疲労感としてシワよせが来て、トータルの出来高は同じになる。

これは仕事にも当てはまるらしく、残業をしても翌日の能率が落ちるので、トータルすると出来高は変わらない、という調査結果がアメリカにある、とどこかに書いてあった。”(2018/10/6)

 

上記は引用ですが、

私たちの日々の生活やビジネスにも通じるものがあり、

研ぎ澄まされるからこそ到達できる真実だと思います。

とてもいいコラムなので、ご紹介しました。

インターンシップの募集が始まりました。

カテゴリ:公募ガイド社

2020年の新卒採用に向けて、

昨日からインターンシップサイトがオープンしています。

 

内容は、

 

「雑誌編集の“リアル”を体験する2DAYS
実際の記事作成に着手!」

 

というもの。

月刊公募ガイドの情報記事をチーム対抗で制作してもらい、

一番うまく書けたチームには賞金100万円!!

 

というのは予算的に難しいのですが、

本チャンの雑誌に公式な記事として掲載させて頂きます。

 

折角やるんだから、

普通に会社説明や先輩社員との座談会をするだけだったり、

新規ビジネスの疑似コンペやペーパータワーを作るようなワークショップは、

自分が学生だったらつまらないな~と。

 

”公募ガイドならでは”で、

”社会人になっても役に立つ”ような時間を提供したい、と考えるうちに、

こんな内容にたどり着きました。

 

編集部からの講評も予定しているので、

取材して、文章を簡潔にわかりやすくまとめるコツを、

少しでも持って帰ってもらえればと思います。

もちろん、公募ガイド社に対するいい印象も一緒に!です(笑

はじめての絵本講座

カテゴリ:公募ガイド社

来月から開講する公募スクールの「はじめての絵本講座」。

 

当社が取り扱っている創作系講座は文芸が中心で、

デザインやアート系がまったく貧弱。

当たり前ですが、コンテストは文芸系だけではなく、

アートやデザイン系もたくさんあるので、

以前から強化したいと考えておりました。

 

KENスクールさんのご協力で、

3年ほど前からAdobe系のアプリケーション講座はやっていたのですが、

この度、武蔵野美大の野崎先生のご協力もあって、

ようやく開講の目途が立ってきました。

 

絵本を基礎理論から学べるのはもちろん、

実際に自分だけの1冊を作り上げることができます。

それに何より、

美大の現役講師に直接指導してもらえる機会って、

そうはないと思います。

 

絵本というジャンルにあまり興味がなかった方にも、

受講して頂きたい内容になっているので、

ぜひご検討ください!

 

 

100歳になっても

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

週末、ある高齢者介護サービス事業者様が、

ご入所者を対象として実施されたコンテストの展示会にお邪魔してきました。

 

制作物は、俳句・川柳といった短文系から、

絵画、書道、写真、クラフトまで多種多様。

予め定められた「秋」というテーマにマッチしていれば、

どんな創作ジャンルでもOKです。

 

日ごろ作り慣れておられる方から、

スタッフさんやご家族に誘われて何十年かぶりに筆を握ったという方まで、

レベルも動機もバラバラ。

 

こんなに創作ジャンルもレベルもバラバラなのに、

不思議と全体としてはまとまった感じがありました。

 

それはたぶん、

作品が醸し出している人生の深さや哀愁のようなもの。

テーマが「秋」なので、

余計にそう感じたのかもしれません。

 

そして個人的には、

100歳を超えるご婦人とお話しできたこと。

その年齢で、短歌を作って、自分で短冊に書き込めるなんて、

自分はたぶん無理でしょう…

まだまだ創作を続けて欲しいです。

やっと週末だ

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

今週もやっと終わり。

早かったけど、やることテンコ盛りで、やっと終わった感が強いです。

 

だけどなんかちょっとだけ進んだな。

会社経営なんて基本的には一進一退だけど、

こうやって地道にやって行けば、

少しずつは前に行くでしょう。

 

週末はご招待いただいた2つのイベントに参加するのと、

卒制の試作づくりに取り組む予定。

こっちも進むといいです。

着ていく服がない

カテゴリ:趣味・プライベート

 

この夏はポロシャツとデニムの組み合わせで乗り切ってきましたが、

秋らしい季節となり、

さすがにそれでは肌寒く感じるようになりました。

 

ところが今朝、

「長袖シャツでいい感じのものを」着ようと思ったら、

適当なものが見当たらない。

 

洗濯中だったり、

サイズが合わなかったり、

襟や袖口がくたびれていて見すぼらしかったり。

 

マラソンをしなくなって太ったことも大きいですが、

ふと振り返ると、

お気に入りのお店が閉店になってしまったこともあって、

しばらく洋服を買っていないことに気づく。

 

服を買わなくなるのもおじさん現象の一つだと思うので、

気分転換に新しいお店を開拓したいところです。

消えゆくコミュニケーション手段

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

日比谷線の八丁堀駅で、こんなものを見つけました。

 

IMG_20181010_124011

 

一般客が自由に書き込める黒板タイプの「伝言板」です。

 

「これのどこが珍しいの?」と思う人は40代後半以上、

「何これ?」と思う人は平成世代でしょう。

 

実は私、1年くらい前に美大の制作物の素材として、

駅の「伝言板」や「忘れ物」の掲示板を探したことがあります。

その時は近くの駅で全く見つけることができず、

鉄道会社や官公庁・自治体に問い合わせてみたところ、

 

・モバイル通信の発達や個人情報保護の観点から、伝言板は撤去してきている。

・拾得物掲示については、”なりすまし”の問題もあった。

・正確には把握していないが、都内の駅で残っている駅はないのではないか。

・地方に行けば、まだ残っているかもしれない。

 

というようなことだったので、

都内の駅の伝言板は絶滅してしまったものと思い込んでいました。

 

それが今日、東京の真ん中、八丁堀で思わず出会い、

「おおっ、伝言板!しかも(ホワイトボードではなくて)黒板タイプ!」

とひとり盛り上がる(笑

 

※そのとき制作した意見広告(新聞を想定)↓

このキービジュアルの素材写真として使いたくて、都内の伝言板を探し歩いた。

seisakubutsu

 

そうそう、「消えゆく掲示板」と言えば、

こちらにも触れないわけにはいきません。

 

tsukijishijou

 

現在移転中の築地市場で使われていた拾得物掲示板。

 

カンパチ、シマアジ、タコ、イクラが落とし物として届けられるなんて、

市場ならではですよね。

スイカも(カード)と追記しないと、

ここでは丸くて甘い方を連想してしまいます(笑

 

この掲示板機能が豊洲市場ではどうなるのか、

それはそれで興味があります。

 

やばい結果

カテゴリ:公募ガイド社

9月の月次決算が私の手元に届きました。

 

やばいです、雑誌の返本が。

経営者が「やばい」という表現を用いるのもどうかと思いますが(苦笑、

思わずそう言ってしまうほどの返本率。

 

通常は先月分が今月返本されて集計されるサイクルなのですが、

夏休みを挟んでいたこともあり、

7月売り、8月売りがまとめて9月にドカッと戻ってきたイメージ。

 

猛暑や大雨災害など、

紙の本にとってネガティブな外的要因も大きかった。

 

ということで、

9月は見込み比アンダーで終わりましたが、

この分はきっと営業チームが男気でカバーしてくれるでしょう!

私も頑張ります。

無事に終わって欲しい

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

また台風が接近しています。

 

今週末に参加する予定のイベントが二つあるのですが、

開催・運営が不安が残ります。

 

ひとつは港区の区民まつりで、

先ほど公式サイトを見たら、

土曜はやるけど日曜は中止というアナウンスがされていました。

 

もうひとつは日勤協様がご主催の「若者を考えるつどい2018」で、

弊社が運営を受託しているもの。

こちらは今のところ開催される予定ですが、

遠方からのゲストも多く、

無事にご来場いただけるかどうか、

当日まで不確定要素が残ります。

 

全国的に運動会などもたくさん予定されているでしょうし、

月曜には回復するみたいですが、

土日も大きな被害とならない事を祈るばかりです。

1 / 8912345...102030...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP