公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

ほろ苦い”人生初”になりました

カテゴリ:趣味・プライベート

“人生初”の企画展、『スパイスミル』を開催しました。

(といっても授業の一環ですが)

 

IMG_0681 - コピー

 

私の展示は、東京都港区のNPO法人『プラチナ美容塾』さんをテーマとしたもの。

高齢者施設などで、シニア向けのメークやハンドケアなどをやっておられるボランティア団体です。

 

IMG_0686

IMG_0687

 

ご高齢の方が化粧をしなくなる主な要因は、

健康上の制約(病気やケガなど)、環境の変化(夫と死別したなど)といった、

自分ではコントロールできない理由によるもの。

「化粧をしなくなる→外出しなくなる→もっと化粧をしなくなる」というサイクルが、

心と身体に与える悪影響は小さくないという報告もあり、

「メークの力でシニアを元気に」されているプラチナさんに、

思い切って取材を申し込んだ、という流れです。

 

で、自分の作品の出来ですが、

うーん、少し納得できないものになってしまいました…

 

活動は魅力的、

インタビューも突っ込んだ興味深いお話を聞けた、

現場同行で実体験もさせていただいたというのに、

展示の内容はふわっとしていて、迫力に欠ける。

 

企画段階では、

メークされる側もする側も共にキレイになっていく様子、

設立したお三方三様のパーソナリティ、

私の”人生初”ネイルチャレンジなど、

それなりに突っ込んだ内容になっていたのに…

 

“人生初”のパネル制作で、

「細かい文章は読んでもらえない」というのを、

過剰に意識し過ぎたのかもしれません。

 

ご来場いただいた方から、

「素敵なお取り組みですね」とか、

「自分の母親にもやってあげたい」などと言っていただけたのが、

せめてもの救いです。

カリカリすんなよ

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

このところ、怒りっぽくなっています。

 

今日も月例の社内ミーティングをしましたが、

気づくと何だか厳しい口調になっていました…

 

学級委員をやっていた時、

クラスメイトから、

「おい浅田。カリカリすんなよー」

と言われたシーンが今でも頭に残っていて、

それを思い出してしまいます。

 

余裕ないのかな。

いつもニコニコ、やわらかーい感じで社員を引っ張っていけるリーダーって、

本当に羨ましい。

スパイス見る?

カテゴリ:趣味・プライベート

週末、ムサビのスクーリングがあります。

 

今回は自分たちで展示会を企画・運営してみるというもので、

ムサビのサイトに告知されています。

 

201806comken2

 

イベント名は、『スパイスミル』

 

「あの街の暮らし、あの人の毎日、私の生活にちょっとプラス」

をコンセプトとする10人のデザイン展です。

10人それぞれが取材してきた日本各地の暮らしや活動イベントのご紹介を通じ、

日々の暮らしに新しい「スパイス」をプラスできたら、

というのが展示の狙いです。

 

ちなみに、ミルは「見る」と「mill(製粉器)」を掛けてます。

いろんな社会活動を「見て」いただき、

みんなの生活に「香りづけ」してもらう、

みたいなイメージですね。

 

こんな感じで書いていると、

もうほぼ出来上がっているかのような印象ですが、

実は全体展示の制作物はこれからだし、

自分の作品も仕上がってない(笑

 

もう一山か二山、越えないといけません。

 

権限委譲にはリスクマネジメントが必要

カテゴリ:公募ガイド社

ご迷惑をお掛けしたクライアントに謝罪に行って参りました。

 

当社がコンテストの事務局を受託している案件で、

納品データに不備があったというものです。

 

普通に例年通りのルールで回していれば、

何の問題もなく処理できたはずですが、

私の管理不足もあり、

「普通に例年通り」が徹底されていなかったということです。

 

基本的に私のマネジメントスタイルは、

権限を委譲するタイプだと思っています。

 

部下を信じて、できるだけ任せてみる。

そうじゃないと、なかなかキャパシティは大きくならないし、

仕事も業務化(≒やらされ仕事化)してしまってつまらない。

 

一方で適切な管理は必要で、

そうでないと今回のようなミスに繋がってしまう。

 

別に丸投げしていた意識はありませんが、

「あれやこれや指示すると、仕事がつまらなくなるだろうなぁ」

とついつい思ってしまうところがあって、

結果、権限委譲の前提となるリスクマネジメントが不足してしまいました。

 

反省して、次に向かいたいと思います。

 

MINATOシティハーフマラソン

カテゴリ:公募ガイド社 時事・社会

今年から始まる「MINATOシティハーフマラソン

 

公募ガイド社のある東京都港区さんが新しく開催されるもので、

6月6日から公式サイトがオープン。

当社の郵便受けにもDMが投函されていました。

 

ちなみに「MINATOシティハーフマラソン」という大会名は公募です。

ロゴもこれから公募で決まるご予定で、

こちらは本日が締切りでした。

 

「当初は公募ではなく、

クローズドのコンペ形式で決めるつもりだったが、

大会名を公募した反響があまりにも大きく、

急遽、ロゴも公募にした」

と、区のご担当はお話されていました。

 

告知タイミングと入稿締切りがうまく合わず、

雑誌ではご紹介できなかったのですが、

どんなロゴが集まったのか、楽しみですね。

翡翠文学賞

カテゴリ:公募ガイド社

新潟県糸魚川市主催の「翡翠文学賞」が、

本日より告知解禁となりました。

 

当文学賞には弊社も協力させて頂いているのですが、

私個人としては、

このような小説の文学賞について、

本格的に携わらせていただくのは初めての経験です。

 

これまでのやり方にとらわれることなく、

何としても成功させたい。

これから締め切りまでの半年間、

精一杯、盛り上げていきたいと思います。

 

翡翠文学賞公式サイト

※このサイトも暫定対応なので、これからブラッシュアップして参ります。

表紙はなかなかいいですね。

カテゴリ:公募ガイド社

9日発売の7月号が手元に届きました。

(度々書いていますが、毎号刷り上がってはじめて目にするのです。発行人なのに。)

 

今月の特集は「詩を書こう」

最果タヒさん、文月悠光さんが巻頭インタビューですね。

 

表紙もなかなかいいですね。

私的には、ここ数か月で一番しっくりきています。

余計な情報がそぎ落とされていて、最果さんの詩が自然に入ってきます。

詩的な世界とビジュアルも合っていて、

なんか面白そうなことが書いてありそうな雰囲気も出ています。

 

本屋さんに行ったら、ぜひ探してみてください。

(お店でパッと目に飛び込んでくるタイプの表紙かどうかは、ちょっと不明ですが、笑)

あとで笑って話せますよう

カテゴリ:公募ガイド社

社内でトラブルが発生し、

社員ほぼ全員で対応。

 

よくTVドラマなどで、

零細企業を襲う緊急事態に、

社員総出で立ち向かうシーンが出てきたりしますが、

当社、それを地で行ってます…

 

何とか無事に乗り越えて、

雨降って地固まるではありませんが、

あとで笑って話せるようになるといいですが。

 

まずは頑張ることです。

職業病

カテゴリ:趣味・プライベート

美大の制作の関連で、

あるNPO法人の方々に取材をさせて頂いています。

 

子供の頃は学校や地域のイベントとして、

年に数回くらいはボランティア活動に参加する機会がありましたが、

大人になってからというもの、

社会的な活動とはほぼ疎遠です。

 

NPOは組織としてのスタンスなので、

個人がベースとなるボランティアとは少し定義が異なりますが、

ともに社会的な活動という面において、

ビジネスに染まりきった自分には、

いろいろと新鮮に感じる点も多いです。

 

ただ、お取り組みに対する理解が深まるにつれ、

「こうしたらビジネス化できるのでは?」

とついついビジネス目線で考えてしまう自分がいて、

「これは完全に職業病だな」

と時に思いつつ、

取材をさせていただいております。

また若返ります

カテゴリ:公募ガイド社

今日からまた一人、

若手が入ってくれることになりました。

 

27歳、男性。

ジェンダーで色分けするのって批判的なトレンドかもしれませんが、

今の当社の主力は30代女性陣なので(男性陣ごめんね)、

男性の若手はとても嬉しい。

きっと社内を活性化してくれることでしょう!

 

2週前に入社してくれたデザイナーさんの歓迎会もできてなかったので、

今夜は合同の歓迎会が予定されています。

二人とも、まだじっくり話したことがないので、

いろいろ聞いてみたいですね。

1 / 8212345...102030...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP