公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

1時間ミス

カテゴリ:趣味・プライベート

今朝は11時に新宿にあるクライアントを応報予定。

現地で同行予定のメンバーと10分前に待ち合わせでした。

 

ところが、9時55分前に同行予定メンバーからtel着信。

何だかいや~な予感がしました。

 

「浅田さん、今どちらですか?」

「えっ、オフィスですけど?」

「10分前に**ビルのエントランス集合でしたよね!?」

「…」

 

やってしまいました。

そうです、完全に1時間、間違えていました。

 

焦りに焦り、

猛ダッシュで先方に向かいましたが、30分の遅刻。

そこまでの流れがわからないので、

打ち合わせで気の利いた発言もできず、申し訳ない限り…

 

この後の交渉がうまく進み、

事なきをえるのを願うばかりです。

役職に対する価値観

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

お盆モードの通勤電車は空いていて、

小さな子供の姿も目立ちます。

今朝、私の乗り込んだ車輛のドア付近にも、

幼稚園くらいの男の子連れの家族らしき3人が立っていました。

 

1つ先のターミナル駅に到着後、

 

父:「じゃあね、気を付けて。」

母:「あなたも。」

 

ひとりだけ違う雰囲気の服装だと思ったら、

お父さんだけ会社に行くみたいです。

で、お父さんが開いたドアに向かって歩き出した時、

 

子:「頑張って、部長になってねー!」

 

思わずみんな、

そちらを見てしまっています。

 

母:「やだ、やめてよ。みんな見てるでしょ!」

 

社長じゃなくて、部長というところがリアルです。

お父さん、40歳前後ですかね。

 

それで思ったのですが、

昔と比べて役職に対する価値観って、

ずいぶん変わったなあと感じます。

 

昔はいい会社に就職して、出世することが勝利の方程式。

究極のゴールは社長です。

 

それが今、

ひとつの会社で勝ち残りたいという価値観はマイノリティとなり、

そもそも1円で会社は作れてしまうので、

社長になりたければ誰でもなれる。

つまり、社長はスタートでしかありません。

 

うちの社員でも、「社長になりたい」と思っているメンバーっているんでしょうか?

(もしいてくれるなら、それはとても嬉しいことですが)

私自身を考えてみても、

いつまで経ってもゴールには辿り着けず、

公募ガイドに来てからずーっと走りっぱなし(笑

「やり遂げたな」と思える日は、まだまだ来そうにありません。

 

ちなみに、さっきの話の残されたお母さんと子供。

そそくさと別の車輛に移っていったのでした。

 

新オフィスでも

カテゴリ:公募ガイド社

昨日はちょっと遅くなり、

オフィスの最終退出者になってしまいました。

 

電気と施錠の確認をしていたら、

ゴミ箱近くで”ササッ”

 

”ドキッ”として床をみたら、

自分の足元めがけてまた”ササッ”

 

「うわぉっ!」

思わず声が出て、後ろに飛び退きます。

 

漆黒のアイツ。

あわてて殺虫剤を探すも見当たらず、

「そうだ!」と思い浮かんだのが、スプレーのり。

「隅に追い込んで固めてやろう」と自分のデスクに取りに戻った隙に、

倉庫の影に隠れてしまいました。

 

前のオフィスでも一度遭遇したことがありますが、

まさか新オフィスでもお目にかかるとは。

 

今朝、その話をして、

みんなを戦々恐々とさせてしまったのでした。

お盆モードなので

カテゴリ:公募ガイド社 時事・社会

完全にお盆モードに入り、

国内の経済活動は小休止模様。

 

主催者様からのメールや電話の件数は減っていますし、

何より朝の電車が空いていますよね。

 

毎日、暑いは暑いですが、

若干涼しくなったような気もしますし。

 

せっかく人がお休みのところを働いているので、

遅れている分を取り戻してやろうと思っています。

オーディエンスチューニング効果

カテゴリ:公募ガイド社 時事・社会

いつも事務周りをお願いしているスタッフさんが、

お子さんの夏休みの関係で出社できないということで、

代わりに学生アルバイトさんに来てもらっています。

 

今日、初めてゆっくりお話ししたのですが、

なかなか新鮮でした。

 

普段のビジネスでは、

当たり前に使っている言葉や知識について、

 

「あれ、この言葉、わかるかな?」

「自分の感覚ってズレてないかな?」

 

という思いが一々脳裏をよぎります。

 

私の通う美大にも20代前半の人たちがいて、

その人たちともよく話しますが、

それとはまた違った感覚。

 

「この違いって何なんだろう?」と考えてみて、

思いついたのが、「立場の違い」。

 

美大では何歳離れていようと同窓ですが、

ここでは学生アルバイトと社長。

「相手の緊張を解さなければ」とか、

「土台を合わせなければ」という気持ちが、

無意識のうちに言葉や行動に出てしまいます。

 

大の大人が幼児に「…でちゅねえ~」と話しているシーン、

心理学で「オーディエンスチューニング効果」というらしいですが、

それとちょっと似ているかもしれません。

美大の仲間はあくまで「クラスメイト」ですからね、

同じ22歳でもそうならないところが、

面白いところです。

 

今日の感覚が正しいのか、そうじゃないのかはわかりませんが、

新卒採用に向けて、リスタートです。

続きを聞かせて欲しい

カテゴリ:時事・社会

「デザインあ展」を観るために、

テレコムセンターまでゆりかもめにて移動。

 

4人掛けのボックスシートに座っていたら、

20代前半くらいと思われる女子二人組が前に座ってきました。

なんか久し振りに一緒に遊びに行く友達のようです。

 

新橋を出発し、

汐留あたりを通過したくらいから、

 

窓際の子:「わー、就活でこのへん来たことある~!!」

通路側の子:「どこ受けたの?」

 

みたいな会話が始まりました。

どうやら就活を終えた大学4年生っぽいです。

 

「就活サイト、どこ使ってた?」(私:おっ、それ僕も知りたい)

「あそこの会社、お給料いいんだよね~。事務職でも21万円もらえるらしいよ」(私:初任給ってやっぱり比べてるんだねぇ)

「X社って内定辞退続出で、学生引き留めるのに必死らしいよ」(私:他人事じゃないです…)

 

みたいな話をしていて、

新卒採用に乗り出そうとしている私としては、

なかなか興味深いことを話しています。

 

ただ全部は聞き取れるはずもなく、

車輌が小さく、席と席の間隔も狭いゆりかもめでも、

わかるのは6割くらいでしょうか。

 

結局、彼女たちはお台場で下車し、

そこで就活話は終わりとなってしまいましたが、

やっぱりリアルな声って迫力ありますね。

続きをインタビューしたくなってしまいました。

 

黒歴史

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

50歳を前にして、大学や会社の同期や、

仕事で知り合った方々が企業の要職につくことが多くなりました。

先月も昇格した知人がいて、

新聞の人事欄に掲載されていたみたいです。

 

気にしてみている人は少ないかもしれませんが、

新聞の企業ページには人事欄があり、

大手企業を中心とした異動情報が掲載されています。

 

特に7月、10月の異動シーズンにはたくさんの情報が掲載されていて、

私が新入社員だった頃は、

毎朝、この人事欄をチェックすることが日課となっていました。

 

で、お取引先の役員の異動を発見したら、

「ご昇進おめでとうございます。…」

という祝電を、相手の「格」に合わせたこちらの役員名で打つ。

 

そしてたまにはチェックし漏れることもあって、

あとで上司に怒られたりもする(笑

 

電報というテクノロジーもさることながら、

取引先の役員人事を平社員が毎朝チェックして対応するという時代感…

 

当時、隣の部署の先輩から、

「浅田君、そんなの意味ないし、やめるように課長に言ってみたら」

と言われていたので、その頃から既に時代遅れの業務だったと思います。

 

それでも、まだ従順だった?当時の私は、

朝のチェックを欠かさず、見つけたら祝電を打つ。

懐かしいけど、あまり人に言いたくない黒歴史です(笑

猛暑は景気にプラスか、マイナスか

カテゴリ:公募ガイド社 時事・社会

今日の東京は雨でしたが、

おかげで気温はぐっと低く、外出もわりと楽でした。

 

今年は記録的な猛暑となっていますが、

この猛暑は消費にプラスなのでしょうか、マイナスなのでしょうか。

 

それには過去のデータが参考になります。

同じく記録的猛暑だった2010年は、

個人消費の押し上げ効果が4,000~5,000億円程度だったと言われます。

 

エアコン、日焼け止め、飲料にはじまり、

プールや映画館、避暑地のホテルもそうですし、

買い物はなるべくネット通販で済ませる人も増えるので、

段ボールの消費も伸びます。

 

そういうことなので、今年もおそらく「猛暑特需」で、

一時的には景気はプラスになるのでしょう。

 

一時的と書いたのは、その反動がおそらく秋冬に来るということ。

夏に使い過ぎた分、秋冬には財布のひもを締めにかかります。

現に1994年の猛暑では、

夏場の反動で10~12月の個人消費はマイナスとなっています。

 

ところで肝心なのは、

この猛暑が公募ガイドにとってプラスなのか、マイナスなのか、ということ。

今のところ、ネガティブなような…苦笑

 

よくわからない話

カテゴリ:公募ガイド社 経営・ビジネス

ちょっと嫌なことがありまして。

 

それはビジネス的にうまく事が進まない、

というようなことではなく、

もっと基本的なこと。

 

社会で生活していると必ず起こる事象ではありますが、

なんかこう、もっとスッキリ生きたい。

まあ、今日の件は全体感でいえば大した話ではないのですが。

 

雨降って地固まって欲しいです。

明日は暑さを忘れて

カテゴリ:公募ガイド社

明日は公募スクールの第3回スクーリングが開催されます。

 

講師は「はじめての小説講座」の浅平先生。

実はまだお会いしたことがなく、

初めてご挨拶する感じです。

 

ここまで2回のスクーリングは、

どちらも好評を得ているので、

ご参加いただく皆さまには、

この暑さを忘れて楽しんで帰っていただきたいです。

 

私も一参加者として楽しみです。

1 / 8512345...102030...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP