公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 公募ガイド社

社長ブログ

余暇時間の取り合い

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

先週末の4連休はいかがお過ごしでしたか?

 

私はデザイン系公募展のお手伝いをしつつ、

お休みの日は東京五輪のTV観戦メインで過ごしておりました。

いろんな種目で日本選手が活躍していることもあり、

ついついザッピングしてとめどなく見てしまいますね。

 

ちなみに五輪の影響か、

連休中の公募スクール(創作系通信教育)のお申し込みや、

サイトのアクセスなどもいまひとつ。

 

こういう需要の波を見ていると、

本当に余暇時間の取り合いだなあと思います。

 

ビジネスが盛り上がらないのは寂しいですが、

自国開催の4年に1度のイベントに負けてしまうのは仕方ないと割り切って、

自分も楽しもうと思います。

明日から4連休ですが

カテゴリ:公募ガイド社

明日から4連休の方も多いと思いますが、

私を含む当社の何名かはクライアントのお手伝いで、

審査会のサポートに行きます。

 

PCR検査を受け、2週間前から体温を測定するなど、

いろんな対策のもとに開催される2年ぶりの審査会。

フローも若干変更になっているので、

滞りなく進捗できるかやや不安ですが、

前回よりも大人数でカバーすることにしたので、

そこは大丈夫でしょう。

 

五輪はソフトボールが白星発進したし、

審査会も五輪も無事に終わりますよう。

ラフを切る

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

ウェブや雑誌などのクリエイティブ制作スキルが、

部署を問わず求められる職場です。

 

新しく入ってきた人には、

「まずラフを切ってみましょう」という流れになり、

見よう見まねで手書きラフを描いてもらうのですが、

たいていの場合はうまく書けません。

 

ここで言う「うまい」というのは、

絵力や美的センスに長けているということではなく、

自分のやりたいことをきちんと紙に落として伝えられているか、

ということなのですが、これがなかなか難しい。

 

でもこれ、当たり前というか、

自分の経験でも「ラフってなに描いたらいいん?」という感じだったので、

仕方ないと思いますね。

実際、今でも微妙なの切ってますし(笑

 

制作物の種類や内容によっても、

ラフを通じて情報を伝えたい相手によっても、

はたまたその人のスタイルみたいなものもあって、

決まった型やパターンはなく、

教える人によっても粒度が違ったりすので、

慣れない人は悩んでしまいます。

 

みんなのスキルアップに向けて、

きちんと整理して教えられたらと思うものは多いですが、

「ラフの切り方」もそのひとつですね。

PAGE TOP

PAGE TOP