公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 公募ガイド社

社長ブログ

「3人に1人」が知っている

カテゴリ:公募ガイド社

外部機関を使って、「公募」と「公募ガイド」に関する市場調査を実施しました。
主目的は、雑誌のリニューアルに向けた現状把握です。

調査項目は多岐に渡りますが、
その中には「公募ガイド」に関する認知度も含まれています。

で、気になる結果ですが、
「月刊公募ガイド」の認知度は、おおよそ「3割」というものでした。
では、

この「認知度=3割」というのは、高いかのか、低いか。

オンライン通販のamazonは8割超と思われますが、
色々な新製品の認知度で3割を超えてくるものは、そうはないでしょう。
日経産業地域研究所の最新調査によれば、

エリクシール(資生堂)=35.0%
iPadエア2(アップル)=33.6%

針なしステープラー「ハリナックスプレス」(コクヨS&T)=24.6%

ということですから、
個別の雑誌銘柄で「3人に1人」という認知は、
これまでマーケティング的な施策をほとんどしていないことを考えると、
必ずしも低いわけでもなさそうです。

その他、公募ガイドの認知について特徴的だったのは、
40代後半から50代前半をピークとした、
「逆スマイルカーブ」を描いていたということでしょうか。

雑誌市場のピークが1997年ですから、今から約20年前。
その時に30歳前後だった方たちの認知が一番高く、
そこから離れるに従って漸減する結果を示していました。

これは定期的に実施している「読者調査」とはちょっと違った傾向だったので、
その意味と対策を考えてみたいと思っています。

何事もなかったかのように、淡々と。

カテゴリ:公募ガイド社

以前ブログでご紹介した、
鉄道会社のフリーペーパーの最新号が配布されていました。

岩崎俊一さんの連載エッセイがどうなるのか気になっていたので、
手にとって誌面をめくってみたところ、
定位置には別のエッセイが掲載されており、
誌面の最後に「謹告」として訃報について触れられていました。

おそらくですが、
岩崎さんのご訃報は、単に年末年始の代原問題ということだけでなく、
編集部にとってそれなりのインパクトがあったと思います。

一方で、読者にとってはそんなことは関係なく、
「面白いか、どうか」がすべてなので、

「何事もなかったかのように、淡々と」

すすめる必要があったのですが、
同業者としても、その対応に着目していました。

翻って考えてみると、公募ガイドの創刊30周年関連のイベント、
賑やかしであれやこれややるのではなく、
プロとして「何事もなかったかのように、淡々と」読者メリットを追求し続けるのがよいのではないかと、
ちょっと思ってしまいました。 

「魂の入った」事業計画

カテゴリ:公募ガイド社

現在、新年度の予算を策定しています。 

公募ガイド社は12月決算なので、
本来であれば、予算は昨年末には出来上がっていないといけません。
ただし、今回からは当事者意識の醸成を目的に、
ボトムアップ型で策定したいと考えていて(その為には時間が無さ過ぎた)、
資金繰りだけキッチリ押さえて、年明けに腰を据えて予算策定することにしたのです。

資金調達、IRなど、事業計画や予算を策定する目的は様々ですが、
要は、

「目指すべき目標」と「実現に向けた手段」をハッキリさせ、
事業の成功確率を高める
(よく”蓋然性”という言葉が使われます)

ということです。
山登りに例えれば、

登りたい山は、エベレストなのか富士山なのか、
登山ルートはどうするのか(頂上を目指すルートはひとつではない)、
そのためにはどんな装備を準備しておけばよいのか(いくら掛かるのか)、

というイメージでしょうか。

ただし!です。
本当に「魂の入った」事業計画となると、これはもう滅多にお目に掛かれません。

コンサル歴も20年近くになり、事業部レベルのものも含めれば、
少なくとも1,000件以上の事業計画を見たり、作ったりしてきましたが、
残念ながら、絵に描いた餅、単なるエクセルの計算、に留まってしまうものがほとんどです。

よく言われる問題点としては、

「会社・事業に対する理解」と「事業計画策定ノウハウ」の両立

で、それはその通りとは思うのですが、
最終的に「魂が入るかどうか」は、「どこまで当事者意識があるのか、ないのか」、
そこに尽きる気がします。

人のお金でサラリーマン的に事業をやるのと、身銭を切って一世一代の勝負をするのとでは、
当たり前ですが、感覚が全く違います。
これはもう、本当に研ぎ澄まされます。
「零細企業の資金繰り感覚の事業計画」と言えば、伝わるでしょうか。

そういう私も、一年前、外部の人間として公募ガイド社の事業計画を作りましたが、
今からみれば、全然ダメですね(笑)

「社員の一人一人に、どこまで当事者意識を持たせられるか」
今回の予算策定の最大テーマです。

※まずは富士山を目指したい。
koubo_nenga

 

PAGE TOP

PAGE TOP