公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 公募ガイド社

社長ブログ

「魂の入った」事業計画

カテゴリ:公募ガイド社

現在、新年度の予算を策定しています。 

公募ガイド社は12月決算なので、
本来であれば、予算は昨年末には出来上がっていないといけません。
ただし、今回からは当事者意識の醸成を目的に、
ボトムアップ型で策定したいと考えていて(その為には時間が無さ過ぎた)、
資金繰りだけキッチリ押さえて、年明けに腰を据えて予算策定することにしたのです。

資金調達、IRなど、事業計画や予算を策定する目的は様々ですが、
要は、

「目指すべき目標」と「実現に向けた手段」をハッキリさせ、
事業の成功確率を高める
(よく”蓋然性”という言葉が使われます)

ということです。
山登りに例えれば、

登りたい山は、エベレストなのか富士山なのか、
登山ルートはどうするのか(頂上を目指すルートはひとつではない)、
そのためにはどんな装備を準備しておけばよいのか(いくら掛かるのか)、

というイメージでしょうか。

ただし!です。
本当に「魂の入った」事業計画となると、これはもう滅多にお目に掛かれません。

コンサル歴も20年近くになり、事業部レベルのものも含めれば、
少なくとも1,000件以上の事業計画を見たり、作ったりしてきましたが、
残念ながら、絵に描いた餅、単なるエクセルの計算、に留まってしまうものがほとんどです。

よく言われる問題点としては、

「会社・事業に対する理解」と「事業計画策定ノウハウ」の両立

で、それはその通りとは思うのですが、
最終的に「魂が入るかどうか」は、「どこまで当事者意識があるのか、ないのか」、
そこに尽きる気がします。

人のお金でサラリーマン的に事業をやるのと、身銭を切って一世一代の勝負をするのとでは、
当たり前ですが、感覚が全く違います。
これはもう、本当に研ぎ澄まされます。
「零細企業の資金繰り感覚の事業計画」と言えば、伝わるでしょうか。

そういう私も、一年前、外部の人間として公募ガイド社の事業計画を作りましたが、
今からみれば、全然ダメですね(笑)

「社員の一人一人に、どこまで当事者意識を持たせられるか」
今回の予算策定の最大テーマです。

※まずは富士山を目指したい。
koubo_nenga

 

雨が降ったら公募ガイドは売れる?

カテゴリ:公募ガイド社

東京は朝から久し振りに雨が降っています。

雨が降ると売り上げが「下がる」商売と「上がる」商売があると思いますが、
本屋さんは雨が降るとお客さまが増える業種のひとつと言えます。
他には喫茶店、映画館なんかもそうでしょうね。

雨が降る

インドアの時間が増える

読書や創作の機会が増える

ということなので、公募ガイド的にも「雨はウェルカム」ということになるのでしょうか。
話は変わりますが、

「公募ガイドが最も売れる月」

って何月だと思われますか?

答えは、「8月号(7月9日発売)」です。

理由は夏休みがあるからです。
夏休みをターゲットとした公募案件が増えますし、
読者も「せっかくの休みだから、何かやってみるか」という気になるのでしょう。

もともと読書をするタイミングとして、

「自宅でくつろいでいる時」

という方が圧倒的に多い(読書世論調査)わけですから、
弊誌に限らず、「家にいる時間が増えるほど、本は読まれる」
ということなのですが、
「公募」という取扱いジャンルの特性上、その傾向が強くなるということだろうと思います。

今後、もっと掘り下げて研究してみたい分野です。

※飲食系は、天気より気温の昇降が売れ行きを大きく左右します。
WMD
出典:日経レストラン

ロゴ、変わります(その2)

カテゴリ:公募ガイド社

昨年末から、あーでもない、こーでもないと検討していた雑誌ロゴの方向性が、
ようやく固まりました(ロゴ、変わります(たぶん))。

公募ガイドのロゴの変遷を振り返ってみます。

①創刊号~1986年秋号(VOL.4)
logo1

②1987年1月号(VOL.5)~1989年4月号(VOL.31) 
logo2

③1989年5月号(VOL.32)~1990年6月号(VOL.45)
logo3

④1990年7月号(VOL.46)~1993年4月号(VOL.79)
logo4

⑤1993年5月号(VOL.80)~2002年1月号(VOL.185)
logo5

⑥2002年2月号(VOL.186)~2007年1月号(VOL.245)
 logo6

⑦2007年2月号(VOL.246)~
logo7

第3代の「KOBO」はなかなか斬新です!
今となっては、大手ネット系企業から同名の電子書籍サービスが提供されているのも、何かの縁を感じます。
が、肝心の雑誌の売上は読者から「公募ガイド」と認知されずに激減したらしく(笑)、
第3代は短命に終わったようです。
第4代として第2代のロゴを再登板させたところ売上は元に戻ったらしいので、
「アイデンティティの変更は慎重に」という好事例と思います(笑)

それにしても、ロゴは好きなジャンルのひとつなので、
こうやって変遷を辿るのとか、けっこう楽しいですね。

第8代は2015年4月号から採用される予定なので、
どんな感じになるのかご期待下さい! 

PAGE TOP

PAGE TOP