公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 時事・社会

社長ブログ

ESG

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

今日のお昼はランチョンミーティングということで、

コンビニに買い出しに行きました。

 

ちょっと遅かったので、

おにぎりコーナーはほぼ空っぽでしたが、

そこに「恵方巻き」を1つだけ発見。

しかもコンパクトサイズのかわいいタイプです。

 

去年の今日は一本巻きがどーんと積み上げられていたので、

事前予約や小型化など、

「食品ロス」へのコンビニ各社の対策が見てとれます。

 

当社も雑誌不況に対して、

ESG(環境・社会・ガバナンス)を意識した展開をみせないと、

どんどん取り残されてしまうでしょう。

社会的要請に応えながら消費者ニーズを正確にくみ取る、

そんな力が試される時代ということです。

COP25とサウジアラムコ

カテゴリ:時事・社会

COP25(気候変動に関する国際会議)が終わりましたね。

 

結局、各国の足並みがそろうことはなく、

国連事務総長も「結果にがっかりした」とツイートする始末。

 

先週は、サウジアラムコ(サウジアラビアの国営石油会社)が上場し、

時価総額でアップルを抜いて世界ナンバーワン企業に躍り出ました。

次の時代を切り開くデジタルテック企業でなく、

エネルギー転換のうねりを受けて、

退場を迫られる化石燃料の巨人が、です。

 

地球温暖化の原因は、

必ずしもCO2とは断言できないみたいですが、

それでもリスクはケアするに越したことはない。

 

各国が目先の利益を追求した結果、

将来的には各国の損失につながってしまう。

まさに「合成の誤謬」。

 

自分は損をしても世界をリードしていく、

そんな国が必要ということだろうけど、

少なくとも原発と温暖化においては、

日本がそんなポジションにいてもいい。

 

そう思うの、私だけでしょうか。

 

令和2度目

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

気づけば早くも週末。

しかも13日の金曜日。

 

ひょっとすると令和最初の13日の金曜日かなと思いましたが、

9月がすでにそうで、加えて仏滅でした。

 

何年か前に、

ディスカウントストアのジェーソンの株式が13日の金曜日に暴騰したことがありましたが、

今回はどうなんでしょう?

 

迷信はあまり信じない方ですが、

用心はするに限ります。

忘年会の季節ですが、ご自愛くださいますよう。

目の前の変化に長らく気づかないなんて

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

さっき窓から東京タワーを眺めてみたら、

普段と違うライトアップになっていました。

 

 

調べてみたら、

令和を記念してはじまった「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」

というパターンみたいで、

 

・毎週金曜と土曜の20:00~24:00

・月毎に指定された12色のカラー

・1時間毎にカラーのデザインが入れ替わり

 

ということで、先月上旬からやっていたらしい。

 

そういえば、

「あれ、何かいつもと雰囲気違うな」と感じることはありましたが、

それ以上を意識することもなく、

今年も終わろうとしている今頃になって、

ようやく違いを認識するなんて。

 

目の前の東京タワーの変化ですらこの感度なので、

気づかずに通り過ぎている身の回りの事象なんて、

山のようにあるということ。

 

鈍感力と鈍感力。

どちらも大切ですね。

負けはしましたが

カテゴリ:時事・社会

ラグビー日本は負けてしまいました。

 

この1か月くらい週末の楽しみになっていて、

それがなくなってしまうかと思うと、

少し、いやかなり寂しい。

 

日曜の夜はラグビーがあるということで、

集中して観れるように、

いろんなことを済ませてテレビの前で待つ習慣になっていて、

生活リズムが整ってくるというメリットもありました。

 

南ア戦後、

何人かの選手がお子さんをピッチに入れていて、

他のスポーツではあまり見ない光景だなと思うと同時に、

負けは悔しいけど、

これでやっと解放されたんだろうなとも思いました。

 

もうチームの皆さんにはお礼の言葉しかありません。

本当にお疲れさまでした。

台風

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

台風にラグビーW杯と落ち着かない週末でした。

 

9月の台風15号は夜中に目が覚めるほどの風が吹きましたが、

今回の19号は、

屋内にいる限り「前ほどでもない?」という感覚。

でも実際は大きな水害をもたらしていて、

近所でも被災した地域がありました。

 

(幸いなことに、うちは何回か電気が落ちてしまった程度で済み、

それもほんの数分で復旧し、事なきを得ました。)

 

そんな悲しい出来事もありましたが、

ブレイブ・ブロッサムズの頑張りで、

今週末が待ち遠しいです。

読者さんから

カテゴリ:時事・社会

ノーベル化学賞の吉野さんについて何か書きたいな~と思いつつ、

いろいろ気になることが多すぎて、

まだまだ調べ足りてません。

 

文学賞は常連の村上さんに加えて、

今回は多和田さんも話題になっていて、

こちらも気になっていたら、

さっき速報で選に漏れたと出てました…

 

どなたか公募ガイドの元読者さんで、

ノーベル賞をとる人が出てくれないかなとか、

いつも思いますが、

その前にもっと身近な賞を現読者さんに取らせてあげたい!

そういう自分がダラダラしている

カテゴリ:公募ガイド社 時事・社会

久しぶりに帰宅ランしようと目論んでおりましたが、

もう22時…

働き方改革で早帰りを推進しようとしているのに、

これではいかん。

 

働き方改革って、

経営側ではなくて意外に現場に抵抗勢力がいたりします。

No残業デーや完全フリーアドレスを導入しようとしても、

 

「顧客対応はどうするんだ」

「仕事の効率が落ちる」

「現場の事情がわかってない」

 

とかなんとか言いだす始末。

せっかく会社に縛られる時間を減らそうとしているのに…

 

ただね、個人的には長時間働くのもその人の自由だと思うのと、

そもそも仕事を時間で管理することの必然性をあまり感じない。

 

大切なのは「質の高いアウトプットを出すこと」であって、

時間で管理するのは、工場やお店で働く人など、

「時間単価×提供工数」でアウトプットが計測できる職種向き。

公募ガイド社はそうではないでしょう。

 

そういう意味で、

短時間でスパッと濃いアウトプットを出して、

さっさと帰るのが理想。

人が1日で本当に集中できるのは30分ぐらいという研究もあって、

やたら長時間やったからアウトプットの質が上がるとも思えない。

 

どっちにしても、

フレックスギリギリに出社して、

もう20時だからそろそろ帰るか、

みたいなスタイルは会社から撲滅したい。

初10%でしたが

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

午後、クライアント往訪戻りに、

営業のMさんから、

「疲れたので、スタバ寄って帰りません?」

と誘われました。

 

「そうしようか」とお店に入り、

トールサイズのフラペチーノを2杯注文、

お金を払ってレシートを見たら、

10%の消費税になっていました。

 

「おっ、初10%だ」などと思いつつ、

そのまま持ち帰りでお店を出たのですが、

あとで考えてみると、

「あれ、これって8%のケースじゃない?」

 

お店の人からは、

「店内飲食/持ち帰り」のどちらかは特に聞かれませんでしたが、

デフォルト10%で処理することになっているんでしょうかね?

 

こういうケースもあるので、

お店任せにせず、

消費者側も意識する必要があるようです。

 

上がってしまいました

カテゴリ:時事・社会

上がってしまいましたね、消費税。

 

テレビやニュースサイトなど、

いろんなメディアで「つぎの中で軽減税率はどれ?」

的な理解促進クイズをやっていますが、

その分類はかなり複雑です。

 

― イチゴ=8%

― いちご狩り入園料=10%

 

― ウォーターサーバーの水=8%

― 水道水=10%

 

くらいまでなら、何となくわかりますが、

 

― 本みりん=8%

― みりん風調味料=10%

 

― オロナミンC=8%

― リポビタンD=10%

 

― ビックリマンチョコ=8%

― プロ野球チップス=10%

 

あたり、

答えを聞けば「なるほど」ですが、

いきなりだとかなり難しい。

 

昔、学校で「税金の三原則」として、

 

1)簡素

2)公平

3)中立

 

と習いましたが、

ポイント還元やプレミアム付き商品券なども含めて、

簡素とは言い難い、今回の変更です。

1 / 1512345...10...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP