公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 経営・ビジネス

社長ブログ

うまい棒こそ優等生

カテゴリ:経営・ビジネス 趣味・プライベート

「うまい棒」が79年の発売以来、初めて値上げされます。

 

企業がある商品の値上げをしたいと思うとき、

価格はそのままに内容量を減らし、実質的に値上げすることがあります。

 

「シュリンクフレーション」とか「ステルス値上げ」とか呼ばれるもので、

みなさんも「袋菓子の中身やアイスバーの本数がいつの間にか減っていた」

という経験があるのではないでしょうか。

 

うまい棒の場合、値上げも、

量目変更で価格を据え置くこともしてこなかったようで、

企業努力(あと元々の粗利率)はもちろんすごいのでしょうが、

「1袋1本入り10円」で並んで売っているというあのパッケージが、

それをしにくくさせていたのかもしれません。

 

いずれにしても、

「卵」は数十年にわたり一定の価格を保ち続けていることから「物価の優等生」といわれますが、

43年間「1本10円」を守り続けてきたうまい棒こそ真の優等生だな、と思ったのでした。

マンホールGO

カテゴリ:公募ガイド社 経営・ビジネス

『鉄とコンクリートの守り人』というゲームアプリをご存じでしょうか。

 

街中のマンホールをスマホで写真に撮り、

マンホールの劣化状態(ひびや錆など)と数(カバーエリア)を競うというゲームです。

ポケモンGOみたいなもんですね。

 

実はこのアプリの目的はゲームではなく、マンホール蓋の維持管理。

国内には1400万個以上のマンホール蓋があると言われており、

その状態を把握し、適切に管理するには相当な工数が必要になる。

 

それを一般ユーザーにゲームとして楽しんでもらいつつ、

公共インフラの老朽化という深刻な問題を解決しようという一石二鳥の取り組みです。

プレイヤーは自然に歩けてしまう健康サポートの側面なども考えれば、

一石何鳥にもなるのかも。

 

公募も似たようなところがあって、自分たちだけでは解決できないことも、

こちらからの「よい問い」として投げかけることで、

多くの人の興味をそそり、

結果として思いもよらないアイデアやスキルを提供してもらうことができる。

 

公募ガイド社が目指すべきは、

そのインキュベーター(ふ化器)になることなんだろうなと思います。

大企業も零細企業ももがいている

カテゴリ:公募ガイド社 経営・ビジネス

いろんな業界で地殻変動が起こっていますが、

自動車業界はその最たる例と言えます。

 

足もとの実績で言えば、

トヨタの販売台数はテスラの10倍、純利益は3倍。

なのに時価総額はテスラがトヨタの3倍以上と逆転します。

 

株価は将来の期待キャッシュフローと割引率から決まってくるので、

テスラの方がトヨタより稼ぐだろうと市場はみているということです

(割引率≒リスクの分析はまた別の機会に)。

 

つまり「車を売る」というゲームのルールは変わってきていて、

日本が世界に誇る自動車メーカーが、

このままだと世界から取り残されてしまう。

 

公募ガイド社を世界のトヨタと比べるのはおこがましいですが、

必死でもがいているのはおそらく同じ。

でもうちの場合、

ちょっと難しく考えすぎているのかもしれないな。

1 / 2712345...1020...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP