公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 2019年09月

社長ブログ

グルメだったあの頃

カテゴリ:趣味・プライベート

さっきふと思ったのですが、

もう長らく美味しいお店に行っていないことに気づきました。

 

もう少し厳密に言うと、

美味しいお店に行くことはあるのですが、

「次回の宴席、このお店になりました」みたいな流れで、

あくまでコミュニケーションがメインで、

お店はそのための設備みたいな位置づけ。

 

そのお店で、その料理、そのお酒を楽しむことを目的にした予約って、

もう何年もしていません。

旅行やイベントみたいに、

何か月も前からプランを立て、予約を入れる、あの感覚ですね。

 

理由はおそらく明確で、

当時と今とでは、環境がまったく変わったから。

 

いいお店を探して、自分なりに評価して、

他の仲間を誘ってもう一回と楽しんでいたのに、

家庭を持ち、会社を守る立場となってからは、

そんな余裕もなくなってしまいました(泣

 

まあ、そういうもんだとも思うので、

それはそれでいいんですけどね。

 

送別会なのに

カテゴリ:公募ガイド社

本日、送別会。

新しい道に進む仲間にエールを送る会。

 

そろそろ出発予定の時間なのに、

送られる本人含め、

他の社員もまだ仕事してます。

 

もう出ますよ。

いつもこれだと困りますが

カテゴリ:公募ガイド社

東京都が進めている働き方改革宣言企業にエントリーしています。

 

認められると奨励金がいただけるのですが、

無事承認されたので、

マネジャー連中に集まってもらって、

あれやこれや、

宣言する内容についてアイデア出しをしています。

 

そのMTGが結構面白くて。

 

いつものMTGは自分が仕切ってしまうことも多いのですが、

「今回はちょっとお任せしてみようかしら」

と任せてみたら、

目的はよくわからないわ、脱線しまくるわで、

もうグダグダ。

 

でもこういうMTGもあっていいと思うんですよね。

ゴールを決めて、

そこへの最短距離で課題を解決していくようなやり方だと、

効率はいいけど、

答えは想定の域を出ないことが多いわけで。

 

一見無駄に思える、

こういう寄り道的なプロセスも、

時には大切にしたいです。

教育プログラム

カテゴリ:公募ガイド社

ここ3週間くらい、

社員の教育プログラムを考えたり、

いろんな機関に問い合わせたりをすごい勢いでやっておりました。

 

社員の基礎的なスキル不足はずっと前から感じていて、

「ビジネスリスクのひとつだな」とは思っていましたが、

OJTで教えられることには限界があり、

かといって、教育プログラム(トレーニング)を考えて、

さらに実施に移すのはなかなかに重たい話で、

ここまで延び延びになっていました。

 

トリガーとなったのは、

いよいよ来春に迫った新卒社員の入社。

 

中の体制を整えるのに準備が必要なのと、

4-5月は新入社員を教育機関に送り出す会社も多いので、

人気講座は早く予約しないと埋まってしまいます。

 

これからどんどん採用が難しくなることを考えても、

社員のレベルアップは必須なので、

まずは現社員に受講してもらって、

さくっと3段階くらいレベルを上げてもらいます。

頑張って着いてきてください。

さんまがない

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

昨夜、ニュースをみていたら、

各地のサンマ祭りの様子が報じられていました。

 

公募ガイド社のすぐそば、

東京タワーでのイベントも紹介されていて、

たまたま出社していたこともあり、

行けばよかったと後悔しきり。

 

「よし、明日の昼はサンマ定食をいただく!」

と決めて、今日のお昼を迎えたものの、

生サンマ定食をランチでやっているお店がない!

一昨年、去年はやっていたのに…

 

不漁につき、

値段も高くて小ぶりとは聞いていましたが、

ここまでないなんて。

鰻に続いて、

サンマも高級魚になってしまうのでしょうか。

ラグビーワールドカップ

カテゴリ:趣味・プライベート

今日からラグビーワールドカップが始まります。

 

がっつりやっていた訳ではありませんが、

高校の体育でラグビーの授業があったり、

友人に誘われて何度か社会人ラグビーの試合を見に行ったりで、

少しだけですが接点はありました。

 

新聞などの各種メディアの特集を観ていたら、

文化、伝統、哲学的にも奥が深いスポーツで、

にわか知識ですら、

ここに書き始めたらとんでもないことになりそう。

 

前回大会での南アからの金星はすごかったですが、

今回ベスト8に行けるとなれば、

盛り上がりは必至。

チケット買っとけばよかった…

秋めいて参りました

カテゴリ:趣味・プライベート

朝、信号待ちをしていたら、

空にうろこ雲が広がっていました。

秋っぽくなってきましたね。

 

日に日に暗くなる時間が早くなるのは寂しいですが、

美味しい食べ物は増えるし、

睡眠の質も上がるし、

運動会もあるしで、楽しみも増えます。

 

新しくジョインしてくれる人たちも増えそうなので、

夏の賑わいに負けず、

活発にやって参ります。

停滞打開に向けて

カテゴリ:公募ガイド社

最近、停滞を感じているので、

予定を入れてなるべく動くようにしています。

 

必ずしも実りのある予定ばかりではありませんが、

それでも動き続けていると、

何かしら突破口が開けてきます。

 

社長やコンサルという仕事柄、

交渉したり、プレゼンしたり、人と話す機会は多いですが、

基本は内に籠りたいネクラタイプ。

 

朝も徐々にモードを上げていくので、

正直、朝一の交渉などは気分が乗らない時もあるのですが、

テンション上げて頑張っていると運が良くなってきます(当たり前です)。

 

こんな感じで光が差し込むまで続けます。

勝負をわけたもの

カテゴリ:趣味・プライベート

週末のMGC、面白いレースでした。

 

特に男子は、

設楽選手の大逃げ、

ラスト2kmの3つ巴のデッドヒートなど、

最初から最後までどうなるのか読めない、

ハラハラドキドキの展開でした。

 

MGCに限らず、

競技マラソンが市民マラソンと大きく異なるのは、

「自分に克つ」だけではだめで、

「他人に勝つ」ことが求められるということ。

 

私が出ているような市民レースだと、

「人に勝つ」というのはほとんど意識してなくて、

計画した練習をきちんとやり切れるかどうか、

レース30km以降も諦めずにペースを維持できるかなど、

「自分に克」てればそれでいい。

 

これが競技になると、

ライバルの才能や練習と闘わなければならないので、

自分だけではどうにもならない世界に突入してしまう。

 

「レースで負けたとしても、僕は100%の力で走ったけれど、その時点での1位と2位の選手の100%が自分より上だったということだけ。僕と同じように他の選手もすごく頑張ったのは想像できますし、そう考えると1位と2位の選手はすごいなっていう思いだけです。マラソンは自分との戦いで、僕は僕が出せる100%の力を出して走るだけです」

 

これは大迫選手が以前どこかで語ったコメントで、

内容そのものはとても共感できるのですが、

勝負となるとどうなんだろう?

 

勝負師なのだから、

人には負けたくないという気持ちは彼の基本特性のはず。

しかも3,000mと5000mの日本記録保持者なのだから、

ラストスパートのスピードに遜色はないわけで、

最後の最後で勝負を分けたのは、

そんな大人な一面にあったのかもしれないと思ったのでした。

 

秋祭り

カテゴリ:趣味・プライベート

毎年会社で初詣に行っている芝大神宮の前を通りかかったら、

秋祭りの準備が進んでいました。

 

smartcapture

 

屋台も出るみたいで楽しそうです。

 

参道

 

土曜日は子供神輿、

日曜日が各町の神輿が出るみたいなので、

MGC観戦か仕事で出社することがあれば、

寄ってみたいと思います。

1 / 212

PAGE TOP

PAGE TOP