公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 2021年06月

社長ブログ

今年のカレンダーに要注意

カテゴリ:時事・社会 趣味・プライベート

お客様(客)とアポの調整で。

 

客:では7/22(木)もしくは23(金)でいかがでしょう?

私:その日は祝日ですが、大丈夫でしょうか?

客:えっ、私の手帳では平日ですが、お間違えではありませんか?

私:今年は五輪の関係で祝日が移動していると思いますよ。

客:そうなんですか??

 

今年の7月に関しては、以下の祝日移動があります。

7/19(月):平日(本来は「海の日」→7/22へ振替え)

7/22(木):休日(7/19からの振替え)

7/23(金):休日(10/11からの振替え)

10/11(月):平日(本来は「山の日」→7/23へ振替え)

 

7/19が平日になる代わりに、7/22から4連休なんですね(7/23は五輪の開会式)。

ただ、これが決まったのが昨年の11月なので、

ほとんどの紙のカレンダーや手帳は印刷に間に合っておらず、

認知されてない方も結構多いのではないかと思います。

 

明日から7月ですが、

間違えて会社や学校を無断で休んでしまうことなどなきよう。

 

<ご参考>

2021年の祝日移動について(内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局)

夏の風物詩、現る

カテゴリ:趣味・プライベート

ベランダの片づけをしていたら、

片隅の飼育ケースでカブトムシのオスが2匹動き回っている。

 

蛹になったところまではウォッチしてましたが、

いつの間にか羽化してたなんて。

もう夏なんですね。

 

とりあえずエアコンの掃除は万全だし、

いつ夏本番がやってきても大丈夫です。

 

この感じだといつもの夏は難しそうですが、

さらに五輪もどうなるかわかりませんけど、

対策打ちながら少しは楽しめたらと思ってます。

順張りと逆張り

カテゴリ:趣味・プライベート

投資のスタンスを表す言葉として、

「順張り」と「逆張り」という考え方があります。

 

相場のトレンドにあわせた取引をするのが「順張り」、

逆にトレンドと反対の取引をするのが「逆張り」。

 

株で言えば、

順張りは上がり基調にある銘柄を買ってそのトレンドに乗ろうとする戦術。

逆張りは誰もが見放した銘柄を底値で仕入れて相場が反発するのを待つ戦術。

 

順張りは「市場なんて神のみぞ知るのだから、大きな流れに乗るのが得策」、

逆張りは「信じるべきは、己の分析力や判断力」といったところでしょうか。

 

私個人としては「長期的には市場には勝てない」というスタンスなのですが、

個別にみると逆張り行動もよくとっています。

例えば「斜陽の出版社の社長をやる」というのは、

典型的な逆張りの考え方ですよね。

 

経営に関して言えば、

たとえ「儲かる」とわかっていたとしても、

自分が興味のないことはあまりやりたくない。

ときに順張りの素直さも重要だな~と思いつつも、

「この逆境を何とかしてやる」というマゾヒスティックな指向も否定できず(笑

バランスですね。

1 / 712345...最後 »

PAGE TOP

PAGE TOP