公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 2021年09月

社長ブログ

心配になってきました

カテゴリ:趣味・プライベート

よく考えてみると、

昨年から健康診断に行けていません。

 

私たち経営陣は出版健保ではなく、

親会社側の健保に入っているのですが、

特にお知らせが来ることもなく(来てるかもしれないけど、回ってこない、笑)、

気づくと半年一年が経ってしまっている。

 

そういえば、

最近、喉の奥の方が何かつっかえた感じがする。

胃の調子も悪くて食欲がない時もあるし、大丈夫かな。

なんだか、心配になってきました…

予約のとれる一番早いタイミングで受けよう。

これが解けたら1億2千万円

カテゴリ:趣味・プライベート

突然ですが、「コラッツ予想」ってご存じでしょうか?

 

「どんな正の整数も、偶数なら2で割り、奇数なら3倍して1を足す。この操作を繰り返せば、必ず最後は1になるだろう」

 

という命題で、

例えば「3」は奇数なので、3倍して1を足すと、3×3+1=10。

「10」は偶数なので2で割ると、10÷2=5。

これを7回繰り返すと「3→10→5→16→8→4→2→1」となって、最後は「1」になる。

 

「13」だと、13×3+1=40。

「40」は偶数なので、40÷2=20。その次は「10」となって、以降は上の「3」と同じ。

 

理屈は小学生でもわかりそうなものですが、

これが実は難しくて、80年以上も数学者を悩ませているという。

 

つまり、この命題の肝である、

1)○→△→◇→☆→○のように最初の数に戻ってしまう循環パターンがないこと

2)数がどんどん大きくなってしまう発散をしないこと

が証明できない。

 

この「簡単そうなのに解けない」という不思議な魅力に取りつかれる人も多く、

人類にこの問題ばかり考えさせて地球の数学を退化させようと仕向けた宇宙人の陰謀という説もあるらしい。

 

私も新聞記事で読むまで全く知りませんでしたが、

ムクムクと解決したい気持ちが沸き上がってきました(無理でしょうけど、笑

 

これってまさに公募と同じで、

「すごい!でも頑張れば自分にもできるかも」という設定が、人を惹きつける鍵になる。

 

ということで、

1億2千万円が欲しい人はこちらからチャレンジ!

コラッツ予想 懸賞金1億2000万円

プチリフォームします

カテゴリ:趣味・プライベート

コロナ禍で活性化している市場のひとつに、

住宅リフォーム市場があります。

 

在宅時間が増え、

気になっていた老朽箇所を改修したり、

リモートワーク用に間取りを変更したり、

感染対策として洗面所や素材を抗菌に交換したり。

 

気持ちはよーくわかります。

なぜなら私もリフォームしようとしている一人なので(プチですが)

 

住み始めて8年くらいになる今のマンションは、

「吊るし」の状態で入居したので、意匠性に乏しく、

また当時と家庭の事情が変わってきたこともあって、

数年前からリフォームしたいなと思っていたのです。

 

GW明けくらいからのんびりと発注先を探しはじめ、

先月ようやくお願いする先が決まりました。

これから仕様の詳細を決めていく感じですが、

これでしばらくプライベートの楽しみがひとつ増えました。

PAGE TOP

PAGE TOP