公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 2021年10月

社長ブログ

エビフライのしっぽは無駄か?

カテゴリ:公募ガイド社 趣味・プライベート

今日のお昼はエビフライでした。

 

エビフライと言えば、尻尾⁉

食べる、食べないで派閥がわかれるくらいなので、

尻尾は無くてもよい、無駄と考えている人も多そうです。

 

調理プロセスで尻尾をとる工程がそこまで面倒とも思えないので、

ならいっそ無い方が食べやすくていいじゃないと思いますが、

たいていの場合、エビフライは尻尾がついた状態で提供される。

 

それはおそらく、人は味覚だけでなく、視覚でも料理を味わっているので、

尻尾がないとエビを食べている気になれず、

美味しいエビの象徴として尻尾は必要ということ。

現にネットを検索すれば尾無しエビフライの画像が出てきますが、

何のフライかわからないので少し不気味ですらある。

逆に頭までついていたら、それだけで豪華なエビフライが出来上がります。

 

私たちが制作するクリエイティブにも「エビフライの尻尾」が必要で、

直接的には不要なものでも、

テーマを五感で感じてもらうモノの存在がコミュニケーションの起点になる。

視覚伝達デザイン的だなあ、エビフライのしっぽ。

 

PAGE TOP

PAGE TOP