公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 事業に対する造詣と愛情が必須条件

社長ブログ

事業に対する造詣と愛情が必須条件

カテゴリ:経営・ビジネス 趣味・プライベート


10年来通っている散髪屋さん。

ずっと社長が切ってくれています。

 

そう言うと、すごいVIP待遇のように聞こえますが、

私が行きはじめた頃は2店舗しかなく、

店長(=社長)がたまたま担当してくれたのが始まりです。

 

いつも特に雑談などなく黙々とやってもらうのですが、

他のスタッフさんから30店舗にまで増えたと聞いて、

ちょっと話しかけてみました。

 

「もう髪切らなくてもいいんじゃないの?」

「いやいや、自分で切らないとダメなんですよ」

「職人気質だから?」

「それもあるんですけど、髪切れない社長の言うことなんか、スタッフ誰も言うこと聞きませんから。

だから異業種から参入してくるケースも多いですけど、まあうまくいかないですね。

自分、今でも売上げNo.1ですから、スタッフみんな黙りますよね、ハハハ」

 

半分自戒を込めて書くとすれば、

「プロ経営者」と呼ばれる人たちが失敗するケースは、

その会社の事業に対する造詣と愛情不足が根底にあり、理論を振りかざしているだけではまずうまくいきません。

 

そういう意味で、

熱血技術者社長が奮闘する「下町ロケット」は、

いかにもドラマ仕立てにはなっていますが、

意外に会社経営の核心をついている気がします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP