公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. プロ野球選手の移籍に思う

社長ブログ

プロ野球選手の移籍に思う

カテゴリ:時事・社会 経営・ビジネス


今日のブログ、

公募ガイド的には「高輪ゲートウェイ」に触れるべきなんでしょうけど、

それは別の機会に譲るとして(きっと誰かが面白い記事にしてくれてるでしょうし)。

 

話はぜんぜん変わりますが、

この時期、

プロ野球は契約更改や移籍のニュースで盛り上がりますが、

生え抜き選手が高額の契約金で資金力のあるチームに移籍するのを見ていると、

ついつい自分の会社のことと置き換えて考えてしまいます。

 

つまり、何もできない稚児のような選手が、

ようやく一人前の仕事ができるようになってきたと思ったら、

あっさり「お世話になりました。次に行きます。」と。

 

いつも社内では「市場価値のある人間になれ」と言っていて、

「いつでも転職できるように、自分のスキルを上げていけ。

その結果、優秀な人材を引き留められないのは、会社の責任だから」

と格好をつけているのですが、

プロスポーツ選手の移籍会見などを見ていると、

「あんなに一所懸命に育てたのに…」

という球団目線でものごとを考えている自分がいて、

たぶん、本音ではそっちなんでしょうね(笑

 

スポーツの世界だと、移籍金はビジネスになるのと、

契約関係もわりとドライですが、

もっとウェットな普通の企業活動においては、

なおさらそう。

 

自分と同じ舟に乗ってくれる仲間を、

いかに増やせるか。

「経営って、ほんと自分磨きだな」といつも思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP