公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ > 
  3. 無駄であることに気づくのは、確かに難しいが。

社長ブログ

無駄であることに気づくのは、確かに難しいが。

カテゴリ:公募ガイド社 経営・ビジネス


「業務の無駄をなくす」

 

ビジネスマンなら誰でも意識していることだと思いますが、

現場で働いている人が、

自らそれに気づいて実践できるケースってかなり珍しいと思います。

 

無駄がなくならない理由は、大きく2つ。

 

1)無駄だとわかっていても、何らかの事情でやめられない

2)そもそも、その業務が無駄であることに気づいていない

 

まず1)ですが、

例えば「システム化すれば楽になるんだろうけど、

それには手間もお金もかかるから、

面倒だけど手でやるか…」という経験、ありませんか?

あるいは「その業務が効率化されたら、自分の仕事がなくなってしまう」

というのもそうだと思います。

 

いずれにしても、

このケースにおいては原因は明らかなので、

意思決定者が決断しさえすれば、無駄は解消されることになります。

 

やっかいなのが、2)のケース。

知見があって、かつ客観的に業務内容を分析できる人がプロセスを整理し、

解決策まで見せた上で、現場を説得する必要があります。

 

公募ガイドに来てから、

1)も2)も両方イヤというほどやってきましたが、

特に2)の方は当事者に理解してもらうのが本当に難しい。

 

「うちの部の業務は効率化され尽くしていて、これ以上改善の余地はありません!」

と言われたこともあります(赤字のくせして、です。笑)

 

さっきもあるメンバーと仕事の進め方の話をしていて、

なかなかその業務の無駄さを分かってもらうことができない。

しんどいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP