公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

四谷政吉

カテゴリ:趣味・プライベート

久し振りに昼食を食べに外に出ました。

行ったのは、「四谷政吉」というそば屋さんです。
四ツ谷駅すぐ近くのしんみち通りにあります。

政吉

基本、立ち食いのワンコインタイプなのですが、
侮ることなかれ、です。

ずいぶん前に会社の五十嵐さんから教えてもらって、
「これで500円!?」と驚かされたのですが、
以来、ちょくちょく行くようになりました。

お昼時はいつも混んでいますが、
立ち食いなので回転率も高く、
自分の場所を確保するのもそんなには困りません。

しんみち通りには、
「かつれつ四谷たけだ」という有名な洋食屋さんがあるのですが、
行列で入れなかった時は、
ジャンルは違いますが、政吉をおすすめします。

今日はお日さまが出なかった

カテゴリ:趣味・プライベート

東京は今日も雨です。

今日の日照時間は0分。
これで日照時間が30分に満たない日が、9日も続いています。

ここのところ、「なんか下着がないなー」と感じていたのですが、
そういうお洗濯事情だからですね。

週末はお天気も回復するとの予報ですが、
真夏日予想で、昼夜を問わず蒸すように暑いらしいです。

しばらくは不快な日が続きそうです。

ラッキーボトル

カテゴリ:公募ガイド社

オフィスの自動販売機は、当たりくじつきです
(7が4つそろうと何かもらえる)。

で、当たりました!
ラッキーボトルに入ったエコバックです。

DSC_0016

以前は、「もう一本、お好きなドリンクプレゼント」だったのですが、
いつの間にか、ラッキーボトル制度に代わっていました。
私以外にも当たっているようなので、確率が上がったのでしょうか?

このラッキーボトル、
賞品のエコバックより入れ物のビンの方が、実はうれしかったりします。
クワガタの幼虫を飼育できそうなので。
変でしょうかね。

あなたのキュレーターは誰ですか?

カテゴリ:趣味・プライベート

会社のスマホを新しくして1か月少しが過ぎましたが、
ホーム画面など、
ほぼデフォルトのまま使っていることもあって、
ちょっと使いにくいです。

こんな時、
「あの人のスマホ、どんなトップ画面で、アプリはどんなの使っているんだろう?」
とか思ったことはありませんか?

メルマガやブログ、本棚や音楽プレイヤーの中身、
更にはレストランや商品・サービスなんかも、
その人のおススメだと安心してトライできる人っていますよね。
まさに「キュレーター」です。

その分野に詳しい人のアドバイスも参考にはなりますが、
自分とライフスタイルが似ている人の私見の方が、
ピタッとハマる気がします。

私にもそんな人が何人かいるのですが、
恥ずかしいのと、まねされるとちょっと嫌なので、あまり教えたくありません。
心、狭いでしょうか・・・

合成の誤謬

カテゴリ:公募ガイド社

栗田出版販売の債権者説明会に行ってきました。

午前10時30分にはじまり、一応、終わったのが15時前。
それも「この後、書店の部が始まるので」という理由なので、
まだ多くの債権者が質問したくて手を挙げているにもかかわらず、
途中で打切りになった格好です。

この間、質疑に応じたのは、ほとんど代理人の弁護士で、
現経営陣が回答する場面はほとんどありませんでした。

私もコンサル経験が長いのでよくわかるのですが、
こういったケースで良い再生シナリオが描けるかどうかは、
どこまで事業に対する深い理解があるかに大きく左右されます。

代理人は再建のプロかもしれませんが、
出版ビジネスについては素人です。
なので、事業に精通している当事者の協力が不可欠なのですが、
現経営陣は完全に当事者意識を失っています。
完全に代理人主導の「魂入ってない」パターンです。

端的に言えば、
代理人の説明する全体最適のロジックは理解できるが、
おそらく債権者は部分最適に走るだろうということです。
(合成の誤謬が起こってしまう)

近々、修正提案があるということなので、
どうなるのか見守りたいと思います。 
(今日のブログはわかりにくくてすみません)

ブックフェアに行ってきました

カテゴリ:公募ガイド社

国際展示場で開催されているブックフェアに行ってきました。

雑誌の印刷でお世話になっている大日本印刷様のブースを見に行くのと、
新しいクリエイターとの出会いが目的です。

出版社にとって、
優れたライターやデザイナーの発掘というのは、
メーカーや小売りにとっての仕入と同じなので、
これを怠ると、
コンテンツのクオリティを担保することができません。

ざっと700~800名くらいのクリエイターさんのブースをまわり、
ポートフォリオを拝見させて頂きました。

今後、いいつながりになることを期待しています。

季節変動をマイルドにしたい

カテゴリ:公募ガイド社

国内の公募イベントは、
これから夏休み明けにかけて最盛期を向えます。

なので、業務的には繁忙となるのですが、
裏を返せば、収支的にはゆとりを持ちながら過ごせる時期になります。

問題は、「祭りの後」です。

秋冬にかけて大型の公募が減ってくるので、
この時期をいかに乗り切るかが、
「雑誌販売+広告営業」的なテーマになってきます。

公募ガイド社には、公募スクール(個人向け添削講座)など、
複数の事業ラインがあるので、
ある程度リスク分散はされているのですが、
公募関連でも季節要因をマイルドにできるような、
そんな対策を考えはじめました。

今年も半分が過ぎましたが…

カテゴリ:公募ガイド社

今日から7月。
早くも年の半分が過ぎてしまいました。
公募ガイド社としては、上期が終わったことになります。

業績的にはまずまずの進捗といったところですが、
計画していたタスク(仕事)のうち、
前倒しで完了したものはほぼなくて、遅れているものが大半です。

なので、とても気持ち悪いです。
まったくスッキリしません。

こんな時は、
尊敬する経営者の起業当時の苦労話なんかを読むと元気が出ます。
「あの人ですら、最初の3年はそうだったんだ」と。

全てが順調にいくはずもないので、
地道に、あきらめずにコツコツいきたいと思います。

大塚いちおさん

カテゴリ:公募ガイド社

遅ればせながらなのですが、
大塚いちおさんにご挨拶に行ってきました。

大塚さんと言えば、
NHK Eテレの「みいつけた!」のアートディレクションや
川崎フロンターレのファミリーアートディレクターとして有名ですが、
公募ガイドでも、「Welcome キャラクターさんコンペ」の
審査員をお願いしています。

ほんの30分くらいの時間でしたが、
プロ意識がヒシヒシと伝わってきて、
「何かこういう人いいなー」と思いました。
同世代というのも、刺激を受けた一因かもしれません。

もともとWCCの打ち合わせに相乗りさせてもらったので、
先に失礼させて頂いたのですが、
是非、WCC以外でも面白い案件を提案させて頂きたいです。

大塚さん、
今後とも宜しくお願い致します。

栗田出版販売が民再申請

カテゴリ:公募ガイド社

取次の栗田出版販売が、民事再生を申請しました。

公募ガイドも栗田さんに配本をお願いしているので、
債権者として、
今後の展開を注視しなければなりません。

今日のこのブログも、
取次と出版の関係について書き始めていたのですが、
あまりに長文になり過ぎたので、途中でやめました。

同じく取次の大阪屋さんが支援されるようですが、
弱い者いじめの再建計画だけはやめて欲しいと切に願います。

PAGE TOP

PAGE TOP