公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

キーワードはサボり

カテゴリ:趣味・プライベート

アサヒビールが4月に発売した「生ジョッキ缶」は、

あまりの人気であっという間に販売中止になりました。

 

ヒットの理由は2つと言われます。

ひとつは外部市場の内部化。

プルタブを抜くだけで細かい泡が発生して、

そのままお店の生ビールが楽しめること。

 

もうひとつは家事の負担軽減。

自宅で缶ビールを飲むときはグラスに移して飲む人も多く(私もそうです)、

洗いものが増える。生ジョッキ缶だとその手間が省けます。

そういえば、学生時代は鍋でラーメン食べてたっけ(笑

 

働き方の多様化で、手抜きやサボりがサービス企画のキーワード。

そういう点で当社はまじめ過ぎるかもしれません。

リスクをとらないともろくなる

カテゴリ:経営・ビジネス

100円ショップ大手のセリアさん、

税後利益で過去最高(147億円)となり、来期もその更新が予想されています。

 

ビックデータに裏付けられる徹底した売れ筋分析が利益率に結びついており、

営業利益率は10%以上と2-3%の業界の中で突出しています。

 

100円ショップは在庫リスクを全て自社で背負うことから、

在庫管理を生命線と位置付けた結果ですが、

翻って、苦境にあえぐ書籍・雑誌業界は「委託販売制」をとっています。

 

委託販売制においては、

書店は本を買い取ることはないので(在庫リスク=版元)、

売れなければいくらでも返本は自由です。

さらにどの書店にどの本を何冊配本するかは、

実質的に取次が決定権を持っているので、

自ずと書店ごとの在庫管理は緩くなりがちです。

 

セリアと書店の例からわかるのは、

リスクを取らない商売は繫栄しないということ。

同じく委託販売の百貨店が低迷し、自社で商品開発から販売まで行うユニクロが好調なことや、

「株を買うならサラリーマン社長よりオーナー社長の会社」と言われるのも、

同じロジックだと思います。

 

やっぱり人間、弱いですからね。

自分で外堀を埋めることをしないと流されてしまう。

年をとってくると守りに入りがちで、なおさらそう感じます。

雨と対策

カテゴリ:趣味・プライベート

午後の東京は雨でした。

 

早くも梅雨入りした地域もありますが、

これからの季節は通勤の煩わしさが倍増するので、

その点においては在宅ワークの有難さを感じますね。

 

雨だと外出の人流は減りそうな気がしますが、

窓を開けられなかったり、

屋内に人がこもりがちになるので、

感染対策的にはマイナス影響の方が大きそうです。

 

企業や個人としても行動指針を立てたいので、

もっといろいろエビデンス欲しいなあ。

PAGE TOP

PAGE TOP