公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 社長ブログ

社長ブログ

別大マラソン、走ってきました。

カテゴリ:趣味・プライベート

2月1日の日曜日、別大マラソンに参加してきました。
今回は参戦記みたいな内容なので、
かなり偏った内容かつ長文になってしまいますこと、お許し下さい。

-----

【大会前日】
別大マラソンは前日のみ選手受付のため、土曜(1/31)から大分入り。
往きの飛行機はランナーだらけ、ホテルのある大分駅近辺もランナーがそこかしこで走っている。
大会受付を済ませて、ホテルにチェックインしたのが午後5時前。
夕飯前に軽く走っておこうと着替えて外へ出る。
ホテルはレースコースの40km近辺だったので、
ゴールの大分市営陸上競技場まで試走を兼ねて走っていると、
信号待ちで「お疲れさまです」と声を掛けられる。
鹿児島から来たランナーさんとのことで、一緒に競技場まで雑談しながら走り、
互いの健闘を約束して別れる。
その後、クラブの仲間と一緒にカーボン満載の夕食をとり、いろいろ話を聞いていると、
レース後、飛行機に乗るまでかなり時間がタイトであることがわかり、
食事後に大分駅でお土産を買ってからホテルに戻る。
風呂に入って11時頃にベッドに入る。
が、全く眠れない。
根が”緊張しい”なので、本命レースの前夜は大体いつもそう。
今回も全く眠れず、ベッドの中でもぞもぞしているうちに目覚ましアラームが鳴ってしまった。
しかも今回は前日入りだったので、その前の金曜夜もよく眠れなかった(笑)
【大会当日】
早めに会場入りし、クラブのメンバーと準備をする。
今回のレース目標は三段階でセットしていた。

★★★ 2時間50分切り
★★  自己ベスト(2時間54分33秒)更新
★   サブスリーで完走

大体いつもは抑え目に入って、30kmくらいまで我慢しながら走り、
ラスト12kmで練習の成果を爆発させる展開。
今回はそんな自分のパターンを変えたいと思っていた。
 
と言うより、今の自分の実力で2時間50分を切ろうと思ったら、
最初からある程度突っ込んでいくしかない。
別大は速い人しかいないし(ゼッケンは完全に持ちタイム順で、
そのゼッケン順に並ばされるので、自分の前には基本自分より速い人しかいない)、
最初から周りの速い流れに乗せてもらおうと思った。
午後12時ちょうど、レーススタート。
0-5km(20分11秒:4分02秒/kmペース)
スタートロスは12秒くらい。
さすが別大、スタート後は渋滞することなく、すぐに人混みがほどけていく。
2時間50分切を目指し、最初の1kmは3:55で入った。
が、3kmくらい走ったところであまり調子がよくないことに気付く。
体が重い。
このままのペースでいったらマズイことになる。
早々と目標を自己ベスト(PB)に切り替え、ペースを落とす。

5-10km(20分17秒:4分03秒/kmペース)
4:05ペースで行けば、楽々PB達成だが、ペースはさほど落ちない。
周りの速い流れにのみ込まれてしまって、同じペースで進んでしまう。
まずい展開。

10-15km(20分13秒:4分03秒/kmペース)
女子の1位に追いつかれる(実はレース後に2位とわかったのだが)。
2-3位にも続けて抜かれ、ちょっと焦る。
そんなこともあって、相変わらずペースを落としきれない。

15-20km(20分32秒:4分06秒/kmペース)
急に脚が重くなる。
15kmでこんなことになるのは初めてだ。
やはり体調はよくない。
ペースは自然に落ちて、目標の4:05がキープできなくなる。
意識的に「落した」というより「キープできない」感じ。
そこにゼッケン700番台の綺麗な走りのランナーを見つける。
自分は900番台なので力を借りるには丁度いい。
何とか彼に引っ張ってもらおう。

20-25km(20分43秒:4分09秒/kmペース)
1kmのラップがPBペースの4:08を下回り始める。
脚が鉛のように重くなってきた。
まだ半分しかきていないのに大丈夫だろうか…
不安で仕方がなくなる。

25-30km(20分53秒:4分11秒/kmペース)
ペースは更にズルズルと落ち、1kmラップがついに4:10を超える。
30km手前にしてこの辛さ。
必死で700番に喰らいつこうとするが、背中がだんだん遠くなる。
このまま行ったら、第二目標のPBも更新できない。
何のためにわざわざ大分まで来たんだろう?
寒風吹き荒ぶ中でキツイ練習をしたり、日付が変わっても帰宅ランをしたり、
全部が無駄になってしまう。。。

30-35km(20分26秒:4分05秒/kmペース)
30kmを過ぎたところで、700番がゼリーを補給しているのが見えた。
自分も冷静になってカーボショッツを補給する。
広くて単調だった産業道路を右折してちょっと細い道に入ると、
何かちょっと楽になった気がした。
残り10km、ここからギアチェンジして蒔き直して行こう!
ラップがちょっと上がる。

35-40km(20分19秒:4分04秒/kmペース)
後ろから来た元気な1000番台のランナーに追い抜かれる。
よし、このランナーに着いて行こう。
脚は重いけど、心肺にはまだ余裕がありそうだ。
40km手前でずっと目標にしてきた700番のランナーに追いつく。
さすがに彼もキツそう。

40km-Goal(8分35秒:3分55秒/kmペース)
モードが完全に切り替わった。
4:00/kmを楽に思える練習を積んできた成果がここで活きた。
ふくらはぎがピクピクと痙攣し始めたけど、
残り2km、やるしかない。
1000番のランナーにさよならし、周りをごぼう抜きしながら、
市営競技場に入り、トラックを約1周してゴール。
2時間52分21秒(平均4分05秒/km)

583位(男子完走2,669名中)

第一目標の2時間50分は切れなかったので、自己評価は70点だけど、
レースまでのプロセスに悔いはなく、
だからこそ、体調がそんなに良くない中でも粘ってPB更新できた。

-----

実は2時間50分を切れたら、マラソンはもうやめようと思っていて、
家族にもそう宣言していました。
結果、50分は切れなかったので、また次の目標を探さなきゃと思っていますが、
しばらくはゆっくり休んで気持ちをリセットしたいです。 

※フィニッシャーズタオル、これ欲しかったんです。
でも後で
録画を見たら、トップ選手のタオルはもっとカラフルで格好良かったです。
betsudai2015のコピー

家の作りようは、夏をむねとすべし?

カテゴリ:趣味・プライベート

東京は雪です。

学生時代を札幌で過ごしましたが、初めて北海道の冬を経験した時、
どこのお宅に行っても、半袖でも平気なくらい家の中全体が暖かくて、
驚かされたことを覚えています。
カタツムリのようにコタツを背負って過ごしていた本州の実家とは、
比較にならないほど快適です。

世界的に見ても、「日本の住宅は寒い」と言われます。
吉田兼好は「徒然草」で、

「家の作りようは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる」

と言いましたが、
そんな考え方が影響しているとの説もあります。

「冷えは万病のもと」
当社のオフィスも寒い傾向にあるので、気をつけたいと思います。

※オフィスからの景色
DSC_0169
 

スカイマークの破たんに思う

カテゴリ:公募ガイド社

国内航空3位のスカイマークが民事再生法の適用を申請しました。
JALが会社更生法を申請したのが2010年1月なので、
5年間で大手航空会社が2社も経営破たんしたことになります。 

こうした大企業の経営が行き詰るニュースを見て思うのは、
大企業と中小・ベンチャー企業のマネジメントとでは、
留意すべきポイントがちょっと違うということです。

—-
大きな船は、ちょっとやそっとの波で沈没したりしませんが、
舵を切っても、ゆっくりとしか方向をかえることができません。
船を造るにも莫大な資金が必要なので、誰にでも買えるという訳ではありません。

小さな舟は、ちょっとした波でひっくり返ってしまいますが、
舵を切れば、すぐに思った方向に進むことができます。
お金もそんなに掛からないので、ちょっと頑張れば買うことができます。
—-

沈没するということに関して、「フネ」を「企業」に置き換えれば、

—-
大企業は滅多に潰れませんし、そもそも数も少ないので、
その経営破たんは大きなニュースになります。
(取引先や顧客等、社会に与えるインパクトも大きい)

一方、中小企業が潰れることは日常のことなので、
「今四半期の企業倒産件数は**件です」とマクロ統計的に取り上げられることはあっても、
その企業によほどの特徴がない限り、ニュースになることはないです。
—-

ということが言えます。

「小さい会社には、小さいなりの戦略がある」

小ささを自覚して事を進めようと思います。

PAGE TOP

PAGE TOP