第3回 大ごにんしき大賞

第3回 大ごにんしき大賞 受賞作品発表!

ヒトとAI が一緒に作業をすることで生まれる「面白い世界」を大募集!

スマートスピーカーやスマートフォンからの応答に
思わず笑顔になってしまった話、
アセってしまった話、
ホッコリした話、
ムッとした話など何でもOK。
音声認識中に起こったエピソードをお寄せください。


結果発表

大賞

シワはシワでも(レモン丸さん・49歳)

衣類のシワ取りスプレーを検索しようと「シワ取り探して」と言ったら顔のシワ用美容製品が並び、思わずカチンときた!

どちらのシワも取りたいけれど、顔のシワの方がでてくると確かにムッとしますよね。同音異義語のご認識は最もAI音声認識が苦手とするところだと思います。次回からは『そっちのシワじゃないよ』と言い返してみても面白いかもしれません。

【採択者】
一般社団法人文字起こし活用推進協議会 代表理事 宮田 志保

佳作 株式会社アドバンスト・メディア賞

愛の家(みねるばさん・47歳)

知人と知り合いの家に行く話をしていたときのこと。

「どの愛の家ですか?」と、Siriが「愛の家」を複数探してきてくれました…

「知り」を「Siri」だと聞き間違えるのは、Siriでなければ起こりえなかった誤認識だと思いました。
ただ「愛の家」という難題にも答えてくれるところはさすがです。

【採択者】
株式会社アドバンスト・メディア VoXT事業部 志村 亮一様

佳作 株式会社エフスタイル賞

会議の文字起こしの1コマ(ハリ山ポタ男さん・45歳)

司会「皆さまそろわれたようですので、ただいまから打合せ会を開催したいと思います」

→音声認識結果

「皆さま襲われたようですので、ただいまから打合せ会を開催したいと思います」

「襲」の1字が違うだけ、本当は素晴らしい認識精度なのに。
なんだか会議冒頭から力が抜けてしまいますよね。
(参加者はクスッと笑うことでリラックスして、むしろ活発な討議がスタートするかも?)

【採択者】
株式会社エフスタイル キャリア支援事業部 山岸 里美様

佳作 株式会社キャリア・マム賞

シリの漢字(くまさんさん・38歳)

私「Hey,Siri しりってどんな漢字?」
Siri「明るくていい感じです」

「尻」かと思ってワクワクして読んでいたら、「漢字」の方だったというオチ。自画自賛するシリはいつも切れ味抜群ですね。

【採択者】
株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤 香苗様

佳作 東京反訳株式会社賞

天国への子守唄(kisaiさん・51歳)

まだ肌寒さが残る春の初めに夫が天国へ旅立ちました。
先日、仏壇の前で遺品の整理をしていたところ、夫が使っていたスマートフォンが突然、音声画面に切りかわり、次の瞬間、
「子守唄を唄って」
との表示が。。。
さみしがり屋で私に頼りきりだった夫。
天国へ行ってもまだ甘えてくる夫。
なんだか嬉しくなって遺影の前でひとり、子守唄を唄ってあげました。

機械と人間らしさは対極のイメージを連想させますが、今回寄せていただいたエピソードはあたたかさに満ちあふれており、きっとこれから応募者さまは、天国の旦那様とたくさんの対話を重ねていかれるのだろうな、と思いましたので選ばせていただきました。

【採択者】
東京反訳株式会社 代表取締役 吉田 隆様

佳作 特定非営利活動法人フラウネッツ賞

盗み聞きしないで!(里沙ぞなもしさん・43歳)

我が家のGoogle Home miniは、作動中に光る。
しかし、使っていないときにも光っていることがあるのだ。先日も、家族で楽しく団らんしていたところ、ひっそりとLEDの光を放っていた。まるで盗み聞きをしているかのように。
私は怒って「Ok, Google、盗み聞きしないで!」と言い放つ。そうするとGoogleは申し訳無さそうにプライバシーポリシーを語り始めるのだった。

Google Homeも、もはや自分が家族の一員だと思って、ひっそりと光っているのは相づちのつもりなのかも…?
怒られたあとにプライバシーポリシーを語りだすというのは、なんとも冷静な対応ですね(笑)

【採択者】
特定非営利活動法人フラウネッツ スタッフ一同

佳作 株式会社大和速記情報センター賞

銀婚式(ほっころんさん・63歳)

「Hey,Siri、もうすぐ銀婚式なんだけど私があんまり行かない所に行ってみたいんだよね」と言うと「キッチンです」とポツリ。

Siriは、なんでも知っている。

【採択者】
株式会社大和速記情報センター 代表取締役 津田 健司様

佳作 UDトーク賞

お昼どき(筍ごはんさん・48歳)

じゃあ、半まで休憩。→チャーハン休憩

リアルタイム字幕の音声認識ではまさにあるあるです。お昼はチャーハンにしましょう(笑)

【採択者】
Shamrock Records株式会社 青木 秀仁様

総評

この度は、「第3回大ごにんしき大賞」にご応募いただき、誠にありがとうございました。厳正な審査の結果、大賞1作品、佳作7作品を決定いたしました。

もともと年齢制限のないイベントですが、今年度は老若男女問わず様々な方からご応募がありました。開始当初は、AI音声認識について知らない方が多いのではないかと心配していたのですが、数年たった今では、皆さまの生活の中に役立つシステムとして幅広く浸透している驚きました。この傾向は今後ますます加速していくと考えられます。

文字起こし活用推進協議会では、言葉を文字におこす「文字起こし」はもちろん、何気ない生活にも活用される存在として、今後もAI音声認識システムとの共存を考えていきたいと思っています。

たくさんのご応募、ありがとうございました!

お問い合わせ

一般社団法人文字起こし活用推進協議会 
大ごにんしき大賞事務局
e-mail:gonin★mojiokoshi.org
(★を@に変更し送付ください)