第2回 「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」

第2回 「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」

薬剤耐性(AMR=Antimicrobial Resistance)とは、 病原体が変化して抗菌薬(抗生物質)が効きにくくなる、または効かなくなることです。近年、抗菌薬が効きにくい「薬剤耐性」(AMR)をもった細菌が世界的に増えており、大きな社会問題になっています。
AMR臨床リファレンスセンターでは薬剤耐性 (AMR)と抗菌薬に関する正しい知識や予防対策などを伝え、 「薬剤耐性菌をつくらない、増やさない」対策に取り組んでいます。その啓発活動の一環として、AMR対策について一般市民の方にも自分の事として関心をもっていただき、理解を深め、考えていただく機会として、昨年に引き続き、第2回 「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」 の公募を行います。
「ついついしてしまう…」「知らなかった!」「言われてみれば」 「ある?ある!」など、 共感できる、 日頃感じていること、実体験を川柳として詠んでください。
応募は 「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」 の 2018年11月1日(木)~11月30日(金)まで受け付けています。 
 詳しくは、AMR情報サイト(http://amr.ncgm.go.jp/senryu/2018)をご覧ください。

募集要項

募集内容

昨年に引き続き、今年も「薬剤耐性(AMR)」や「抗菌薬」をテーマに川柳を募集します。
薬剤耐性(AMR)対策や抗菌薬について、みなさん自身のこととして関心をもっていただくため、「ついついしてしまうこと」「知らなかった!」「言われてみれば」「ある?ある!」等、共感できる、日頃感じていること、実体験等を川柳として詠んでください。
詳しくは、AMR情報サイト(http://amr.ncgm.go.jp/senryu/2018)をご覧ください。

【薬剤耐性(AMR)あるある川柳 昨年入賞作品例】

【金賞】 耐性菌 増やす一言「念のため」
(ペンネーム:きよっち 30代 男性 富山県)
【銀賞】 良薬も 飲み方しだいで 悪役に
(ペンネーム:中田加奈 60代 女性 神奈川県)
【銀賞】 その風邪に ほんとに必要? 抗菌薬
(ペンネーム:NEMCIDC 50代 男性 愛知県)

応募資格

応募はひとり5句まで(※入賞作品はひとり1句までとなります)
日本国内および海外に在住する小学生以上の方
本人が創作した未発表で第三者の著作権を侵害しない作品に限ります
個人情報が含まれていない作品に限ります

応募方法

インターネットによる専用フォーム、または郵送(ハガキ)にて受け付けます。
(AMR情報サイト専用フォーム http://amr.ncgm.go.jp/senryu/2018をご確認ください)

郵送(ハガキ)の場合は、下記の必要事項を記入の上、ご応募ください。

①作品
②ペンネーム(漢字はフリガナ明記)
 本名 (漢字はフリガナ明記)
③生年月日・年齢・性別
④郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス
※応募作品は返却いたしませんのでコピー(控え)をおとりください

締め切り

2018年11月30日 23時59分

2018年11月1日(木)から11月30日(金)23:59まで (必着)

最優秀賞(金賞) × 1名 賞状と賞品
優秀賞(銀賞) × 2名 賞状と賞品
入選(佳作) ×10名 賞状と賞品

発表

2019年1月31日

2019年1月31日(予定) AMR情報サイト(http://amr.ncgm.go.jp/senryu/2018)にて発表。受賞者には賞品を発送します。

注意事項

応募及び入賞作品は、当主催者のWebサイト、SNS、報道資料等、広告広報活動に使用することがございます。ご了承のうえ、ご応募ください。

応募先

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-15-8 宮益ONビル 4F
第2回「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」事務局 行 (株式会社カーツメディアワークス内)
TEL:03-6427-1627 FAX:03-6730-9713
Mail:amr-senryu@kartz.co.jp

応募受付終了

お問い合わせ

第2回「薬剤耐性(AMR)あるある川柳」事務局
(株式会社カーツメディアワークス内)
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-15-8 宮益ONビル 4F
TEL:03-6427-1627 FAX:03-6730-9713
Mail:amr-senryu@kartz.co.jp

応募締切日

2018年11月30日 23時59分

応募受付終了