第5回  エネルギーフォーラム小説賞

第5回 エネルギーフォーラム小説賞

ミステリーやSF、異世界ファンタジーなどのジャンルもOK!
「エネルギー・環境(エコ)・科学」にかかわる自作未発表の作品を募集します。
たとえば「主人公は電力会社に勤務」など、設定のひとつにテーマが入っていれば大丈夫です。あくまでも内容で勝負!

※)ジャンル、フィクション・ノンフィクション、プロ・アマチュアは問わず。
ただし、日本語に限る。

募集要項

募集内容

◇原稿用紙は、Microsoft Wordを使用。
◇原稿の分量は、8万~12万字程度(原稿用紙換算で200~300枚程度)。空白は文字数にカウントしません。
◇A4判、縦書き、1行30 字×40 行、文字サイズ12 ポイント、明朝体、マス目なしで作成。
◇原稿の1枚目に題名、文字数、原稿用紙換算枚数、郵便番号、住所、氏名(本名・ふりがな、あれば筆名・ふりがな)、年齢、性別、生年月日(西暦)、電話番号、電子メールアドレス、略歴 (学歴、あれば職歴・筆歴)、本賞をどのように知ったか(例えば、『公募ガイド』、 弊社ホームページなど)を明記。
※)個人情報は、適正に管理し、本選考以外の目的では利用しません。
◇作品の冒頭に「梗概(あらすじ)」を800字以上 1200字以内で記すこと。必ず結末まで明記してください。

■審査委員(五十音順・敬称略)
江上 剛(えがみ ごう)|作家
1954年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1977年に第一勧業銀行(現:みずほ銀行)入行。人事、広報等を経て、築地支店長時代の2002年に『非情銀行』で作家デビュー。2003年に同行を退職し、執筆生活に入る。現在、テレビのコメンテーターとしても活躍中。
主な著書:『失格社員』『鬼忘島』『抗争』『銀行支店長、走る』『退職歓奨』『会社という病』『庶務行員 多加賀主水が許さない』『家電の神様』『我、弁明せず』『成り上がり』『怪物商人』『帝都を復興せよ』『翼、ふたたび』『天あり、命あり』『クロカネの道 鉄道の父・井上勝』

鈴木 光司(すずき こうじ)|作家
1957 年、静岡県生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、学習塾を開き、その傍ら執筆活動を開始。1990年のデビュー作『楽園』で第2回「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」受賞。代表作『リング』『らせん』が映画化され大ヒット、一世を風靡した。サイエンス・ホラー『エッジ』が2013年7月に米文学賞「シャーリー・ジャクスン賞(長編小説部門)」受賞。2012年に日本電気協会新聞部(電気新聞)主催の第7回「エネルギー教育賞」審査委員を務めるなど、エネルギー政策にも造詣が深い。
主な著書:『リング』『らせん』『ループ』『バースデイ』『エス』『タイド』『エッジ』『アイズ』『楽園』『光射す海』『仄暗い水の底から』『神々のプロムナード』『鉄鋼の叫び』『樹海』『ブルーアウト』(単著)、『夢で語るな 日本のエネルギー』『知的思考力の本質』『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理」』(共著)

高嶋 哲夫(たかしま てつお)|作家
1949年、岡山県生まれ。慶応義塾大学理工学部卒業、同大学院工学研究科修了。日本原子力研究所(現:日本原子力研究開発機構)研究員を経て、米カリフォルニア大学に留学。科学者としては、核融合炉「JT60」の開発に携わり、1979年に「日本原子力学会技術賞」受賞。1994年に『メルトダウン』で第 1回「小説現代推理新人賞」受賞。1999年に『イントゥルーダー』で第 16 回「サントリーミステリー大賞・読者賞」ダブル受賞。2007年には『ミッドナイト・イーグル』が映画化された。
主な著書:『ミッドナイト・イーグル』『イントゥルーダー』『メルトダウン』『沖縄コンフィデンシャル ブルードラゴン』『電王』『日本核武装』『浮遊』『富士山噴火』『首都崩壊』『ライジング・ロード』『サザンクロスの翼』『首都感染』『乱神』『TSUNAMI 津波』『虚構金融』『命の遺伝子』『M8』『トルーマン・レター』

■過去受賞作品
・第1回エネルギーフォーラム小説賞
〈大賞〉『救いの声はラジオから』昭島瑛子(あきしま えいこ)
・第2回エネルギーフォーラム小説賞
〈大賞〉『筑豊ララバイ』中島晶子(なかじま しょうこ)
・第3回エネルギーフォーラム小説賞
〈受賞作なし〉
・第4回エネルギーフォーラム小説賞
〈大賞〉『合理的に達成できる範囲で低く』松崎忠男(まつざき ただお)

■応募URL
http://www.energy-forum.co.jp/eccube/html/pdf/05_oubo.pdf

応募資格

老若男女、プロアマ問わず。

応募方法

「エネルギーフォーラム小説賞」指定のメールアドレス(novel@energy-forum.co.jp)あてに応募規定に基づき電子ファイルで送付。

締め切り

2018年5月31日

賞状、置時計、賞金30万円を贈呈(複数受賞の場合は分割)。
受賞作の単行本を弊社にて出版(初版の印税は賞金に含まれる。重版した場合は、印税を別途10%支払う)。

発表

2018年9月末発表予定(受賞の是非は最終選考に残った方々にのみ連絡)。

注意事項

◇該当作品なき場合は、発表を見合わせることがある。
◇応募原稿は、一切返却しない。必要な場合は控えのコピーを取るか、手元のファイルを保存のこと。
◇他の文学賞等との二重投稿は禁止(失格条件となり得る)。
◇審査・選考過程に関する問い合わせには、一切応じられない。
◇選考結果の通知については、入選作品の発表をもって代える。
◇万が一、応募作品に他作品からの盗用、アイデアの模倣、本人以外の執筆・加筆・修正、年齢・経歴等の虚偽が判明した場合は、選考結果発表後であっても授賞を取り消す。
◇受賞作の出版権、映像化権(原作使用料を除く)、そのほか副次的な商品化権は、株式会社エネルギーフォーラムに帰属する。

応募先

本ページの応募フォームから、もしくは「エネルギーフォーラム小説賞」指定のメールアドレス(novel@energy-forum.co.jp)あてに応募規定に基づき電子ファイルで送付してください。

応募受付終了

お問い合わせ

「エネルギーフォーラム小説賞」事務局(担当:山田、鈴木)
〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-3-6F 株式会社エネルギーフォーラム 出版部
電話:03-5565-3500 / FAX:03-3545-5715

応募締切日

2018年5月31日

応募受付終了