第2回「母の日参り」手紙コンクール

第2回「母の日参り」手紙コンクール

毎年5月の第2日曜日は「母の日」。この日に母の墓前を訪れる美しい文化『母の日参り』に、日本香堂、日本郵便、日比谷花壇などの各企業・団体が賛同。業種の垣根を越えて、亡き母へ宛てた手紙コンクールを開催する。選考委員長は俳優の草刈正雄氏。在りし日の母へ、天まで届けたい真心をつづろう。

【選考委員長】
草刈正雄(俳優)

【選考委員】
牛窪 恵 (マーケティングライター)
大見英明(生活協同組合コープさっぽろ 理事長)
引地大介(株式会社亀屋万年堂 代表取締役社長)

<選考委員長より>
生前よく言い聞かされた母の言葉。
「ありがとう、ごめんなさいと、素直に言える人間になりなさい」
歳を重ねる毎に素直になりたいと思っている今の私の根源になっていると思います。
本当に感謝しています。
亡くなってもずっと繋がっている母との絆…。
それを心の糧として今日を前向きに生きる皆様からの素敵な作品を楽しみにしています。

募集要項

募集内容

【テーマ】亡き母への手紙

「母の日」は、亡き母を偲ぶ一人の女性の呼びかけから始まったと言われます。そんな記念日の原点に想いを重ね、亡くなられたお母さんに「母の日」のお手紙を送りませんか。天まで届けたい真心を綴られたメッセージを募集いたします。


【ヒント】いつも通りの呼び方で

手紙を送る母親のことは、自分がいつも呼んでいた呼び方で書こう。お母さん、ママ、かあちゃん……気取ったりせず、ふだん通りの素直な気持ちを表現しよう。

応募資格

不問

応募方法

亡くなられたお母さんに宛てた「母の日」の手紙作品(400~600字以内で、未発表・オリジナルのノンフィクション作品に限る)を、必要事項(氏名・ペンネーム・年齢・性別・郵便番号・住所・電話番号)明記の上、下記の宛先までご郵送(ハガキ・封書)、または下記サイト上の応募フォームよりご送信ください。 応募数自由。

※実際に亡くなられている実母・義母・養母、あるいは母親的存在の方に宛てた手紙作品に限ります。
※個人情報は主催者が厳重に管理します。
※応募作品の著作権は主催者に帰属するものとします。

締め切り

2019年3月29日

※郵送(ハガキ・封書)の場合、2019年3月29日(金)当日消印有効

【金賞】10万円(商品券)1名
【銀賞】5万円(商品券)2名
【銅賞】2万円(商品券)5名

発表

2019年4月末日頃

注意事項

《著作権等について》
●表彰作品であるか否かにかかわらず、応募作品の全ての著作権(著作権法第21条から第28条に定める権利を含む)は主催者に帰属し、応募作品に関わる著作者人格権は、主催者が同意する場合を除いて行使できないものとします。
●主催者は、当年および当年以降も、事前の承諾なしに各種メディアへの掲載、展示、出版、映像化(映画・テレビ・DVD等)、舞台化、放送、ネット配信、翻案等で応募作品を利用することがあるものとします。

《個人情報について》
●応募に際して主催者に提供された応募者の個人情報は、当コンクールに関する発表や連絡、賞品の発送、出版その他、応募作品の利用における応募者表示に利用します。
●業務委託会社に、業務委託を目的として、情報を開示する場合があります。
●主催者は応募者の個人情報の適正な管理に努めるものとします。

応募先

【郵送】
〒105-0011
東京都港区芝公園1-8-21 芝公園リッジビル5F
公募ガイド社内「母の日参り」手紙コンクール係

【web】
https://www.koubo.co.jp/system/contest/hahanohi-mairi2019/form/

応募受付終了

お問い合わせ

「母の日参り」手紙コンクール係
【お電話】03-5405-2063(平日10~17時)
【メール】hahanohi-mairi@koubo.co.jp

応募締切日

2019年3月29日

応募受付終了