第2回川端康成青春文学賞

第2回川端康成青春文学賞

大阪府茨木市は、ノーベル文学賞作家川端康成が幼少期から青年期にかけて過ごしたまちです。
川端康成青春文学賞は、平成30(2018)年に茨木市の市制施行70周年と康成のノーベル文学賞受賞50周年を記念して創設しました。康成が作家を志したのは、ここ、茨木の地。まだ世に出ていない傑作をお待ちしています。

■選考委員(予定)
羽田 圭介氏(小説家)、津村 記久子氏(小説家)、大野 裕之氏(脚本家)

募集要項

募集内容

日本語で書かれたオリジナルの未発表小説(ショートストーリー)とし、恋愛、ミステリー、ホラー、SFなど、ジャンルは不問。若い世代の応募を歓迎し、みずみずしい感性で青春を描いた物語を期待します。

応募規定
①1人2作品まで。
②400字詰原稿用紙換算で10枚以上30枚以内とし、原稿の左下に通し番号を記入。鉛筆書きは不可。パソコン原稿の場合は、A4判のマス目のない用紙に30字×40行・たて書きで印字。データ形式はWord文書のみ受付(様式は市ホームページからダウンロード可)。
③表紙に題名、氏名(ペンネームの場合は本名も併記)、ふりがな、生年月日、年齢、住所、連絡先(電話番号、あればメールアドレス)、公募を知った媒体名(ちらしなど)、パソコン原稿の場合は400字詰原稿用紙換算枚数を明記してください。

応募資格

資格不問

応募方法

メール、電子フォーム、郵送のいずれかで応募(メールか応募フォームを推奨)
メール:novel@city.ibaraki.lg.jp(作品受付専用メール)
電子フォーム:https://www.koubo.co.jp/system/contest/ibarakikawabata2/form/
郵送:〒567-8505 大阪府茨木市駅前三丁目8番13号
茨木市市民文化部文化振興課「川端康成青春文学賞」係

締め切り

2021年10月31日

大賞(1篇)50万円、優秀賞(1篇)20万円 ほか
大賞作品は、㈱中央公論新社の月刊「中央公論」に掲載(予定)
※賞金については令和4年度茨木市予算の議決によって確定します。

発表

令和4(2022)年8月頃を発表予定

注意事項

・応募原稿はいかなる場合も返却しません。必要であればあらかじめコピーしておいてください。応募後の原稿の修正はできません。
・選考に関するお問い合わせには一切応じられません。
・選外の通知はいたしません。
・入賞作品の一切の権利は主催者に帰属します。
・入賞作品は二次利用(脚本化・漫画化など)する場合があります。
・入賞者の氏名・年齢等については、報道機関に提供することがありますのでご了承ください。

WEB応募はこちら

お問い合わせ

大阪府茨木市市民文化部文化振興課
TEL072-620-1810 / FAX072-622-7202
bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp

応募締切日

2021年10月31日

応募はこちら
(応募フォームヘ)