第5回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」

第5回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」

日本財団では、広く社会に向けて遺言の大切さを周知したいと考え、1月5日を「遺言(ゆいごん)の日」として定めています。
この「遺言の日」を通じて、家族や親族が集まるお正月に、遺言について考えてもらうきっかけにしていただきたく思っております。
そして、毎年遺言への思いが好評をいただいている日本財団遺贈寄付サポートセンター「ゆいごん大賞『ゆいごん川柳』」を、今年も大募集いたします。

【遺言の日.jpも是非ご覧ください】
「遺言の日.jp」では、これまでの大賞・入賞・佳作作品もご紹介しております。これまでの名作の数々、是非ご覧ください。

公式ページは 遺言の日.jp を検索
または、QRコードを読み取ってお入りください。
※下記URLをクリックいただいてページにお入りいただくことも出来ます。
 遺言の日.jp:http://xn--u9jv32nhwwqof.jp/

第5回ゆいごん川柳では、毎年ご協力いただいております全日本川柳協会の他、「化け物使い」「酢豆腐」等の本格派古典落語、「後見爺さん」「天国からのラブレター」など成年後見落語でおなじみの落語家の桂ひな太郎さん、そして、相続・遺言エンターテイメント講演「日本一楽しい!相続&遺言書教室」が大好評、開業以来千数百件を超える相続遺言実務を手掛け、相続遺言専門行政書士としてご活躍中の佐山和弘さんにもご協力をお願いしております。

行政書士さやま法務コンサルティングホームページ
http://www.sayama-houm.com

桂ひな太郎いんふぉめーしょん
http://hinataro.com/

全日本川柳協会ホームページ
http://www.nissenkyou.or.jp/

~~~~~~~
選考委員の落語家桂ひな太郎さんより、ゆいごん川柳のコメントが届きました!

今年も応募作品が楽しみですが、コロナ禍での「ゆいごん川柳」は今までと違うのか、それとも家族愛は普遍なのか!!
私も今年はコロナで、ほとんどの高座が中止・延期を余儀なくされましたが、妻からは「私が食わせてやるよ」と笑顔で言われ、
私のモヤモヤ解消です。
そこで一句「少ないが 全て上げたい 妻の笑み」

~~~~~~~
選考委員の相続遺言専門行政書士佐山和弘先生よりゆいごん川柳のコメントをいただきました!

「ゆいごん川柳を通してなら伝えられる!」

みなさん、ゆいごん川柳の応募(締切11月4日)はお済みでしょうか。テーマは「ありがとうの気持ち」です。ふるってご応募してくださいね。
あらためて過去の受賞作を振り返ってみますと第1回の大賞作品は「ゆいごんは最後に書けるラブレター」でした。この「ラブレター」という言葉が遺言書にポジティブで明るいイメージを与えてくれましたね。
いまだ「遺言書=財産の分け方だけを書く文書」という誤解をお持ちの方は少なくないのですが、遺言書は「付言事項」として想いや感謝のメッセージなども書くことができるのです。「今までありがとう」「これからも愛してる」「ずっと大好き」「ガンバレ~応援してるぜ」・・等の簡単なメッセージでももちろんokです。
また、日ごろから家族に「ありがとうの気持ち」等を伝えたいと思っているけど、なかなか面と向かうと照れくさくなって言えない人は、ぜひ!ゆいごん川柳にチャレンジしてみてください。自作の川柳を使ってさりげな~く伝えてみてはいかがでしょうか。

募集要項

募集内容

募集テーマ「ありがとうの気持ち」

遺言書のことを考えた時、あなたには誰が思い浮かびますか。「家族や親族の笑顔 」「お世話になったあの人の姿」「昔よく話していた友達のこと」・・・。なんだか、あたたかな思いでいっぱいになります。
そんな思いを川柳の5・7・5にのせて表してみませんか。

心に思い浮かんだあたたかな思いやホロリとする気持ち、人生への前向きな思い、ユーモアさなど、川柳ならではのウィットに富んだたくさんの作品のご応募を心よりお待ちいたしております。

応募資格

どなたでもご応募いただけます。一人何点でも応募可能。

応募方法

WEB、郵送で応募できます。応募の際は、作品、ペンネーム、氏名、職業、〒住所、TEL、年齢、性別、公募を知った媒体名(雑誌(公募ガイド、その他誌名⦆、新聞、web サイト名、書店アドカード、等)を明記して下さい。

締め切り

2020年11月4日

※郵送は当日消印有効

ゆいごん大賞(1作品)=10万円
入賞(3作品)=3万円
佳作(6作品)=1万円

発表

2021年1月5日

遺言の日(予定)

注意事項

・応募作品は自作のもので、未発表のものに限ります。他の作品を引用したり、模倣したもの、他の公募に投稿中の作品、過去にいずれかの公募で採用されたことがあるもの等は応募できませんのでご注意下さい。
・応募いただいた作品は返却いたしません。また、著作権・出版権は全て主催者である日本財団に帰属します。
・入賞者の発表は、第5回ゆいごん大賞の応募ページ、「遺言の日.jp」webページ、日本財団遺贈寄付サポートセンターのホームページで行います。
・入選作品の発表の際、ペンネーム、性別、年齢、職業、都道府県を公表させていただきます。応募の際は、個人名の他に必ずペンネームもご記入下さい。
・応募いただいた作品は、日本財団のホームページ、ポスター、広告、書籍、リーフレット、チラシ、イベント等のPR活動、SNS等で発表することがあります。
・提供いただきました個人情報は、「ゆいごん大賞」に関する諸連絡、賞品発送、日本財団遺贈寄付サポートセンターならびに日本財団からのお知らせ等に利用させていただきます。

応募先

〒105-0011
東京都港区芝公園1-8-21 芝公園リッジビル5F
公募ガイド社内
日本財団遺贈寄付サポートセンター「ゆいごん大賞」事務局

WEB応募はこちら

お問い合わせ

日本財団遺贈寄付サポートセンター「ゆいごん大賞」事務局
TEL:03-5405-2062
MAIL:yuigon2020@koubo.co.jp

応募締切日

2020年11月4日

応募はこちら
(応募フォームヘ)