日常劇場いざ本番!12の『日常劇場』が中央銀天街で上演

2019.02.18

2018年11月18(日)に開演された、市民参加型の市街劇『日常劇場』。14時の本番に向け、12時半からのリハーサルにおよそ40人の老若男女の参加者が集いました!

演目は全部で12!その中から3つをピックアップしてご紹介します。

山口大学・久家千尋さん

レポーター:久家千尋さん
(山口大学 教育学部 美術選修・2年)

茨城県出身。流されるままに今回のレポートを引き受ける。挑戦することは苦手だが、なんとか収まって良かった…。
好きなものは本と消毒用エタノール。嫌いなものは虫と雨とエレベーター。

 

演目4

 

演目11

 

演目12

 

まとめ

 

 

取材を終えて

葛谷さんが宇部の皆さんの中にスッと入っていき、演劇や飲食を通じてどんどんと打ち解けていく様を見て、第2の『コンフリ』がここにオープンする未来が容易に想像できてしまいました。

まずは次の休日に茨城県取手に行って、元祖『コンフリ』を観に行ってしまおうか…きっと美味しいものがいっぱいあって、心がほどけていく空間なのだろうな。想像しただけで暖かい気分になりました。

Archive

  • アートとコミュニケーションデザインで課題解決する葛谷さんとは?
    2019-02-14

    アートとコミュニケーションデザインで課題解決する葛谷さんとは?